マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ダンジョンズ&ドラゴンズ:キャッスル・レイヴンロフト・ボードゲームDungeons & Dragons: Castle Ravenloft Board Game

吸血鬼ストラード伯爵を倒せ! ファンタジーRPGをボードゲーム化したダンジョン探索ゲーム

ファンタジーTRPG(テーブルトークRPG)の元祖、Dungeon & Dragonsのブランドが送り出した、TRPGをボードゲーム化したゲームです。

プレイヤーの全員がヒーローを受け持ち、アドベンチャーのクリアを目指す協力型のゲームです。プレイヤーたちが受け持つのは、戦士、魔法使い、クレリック、ローグ、レンジャーの5人です。彼ら最大5人でパーティーを組み、吸血鬼のストラード伯爵を倒すためにレイヴンロフト城の地下迷宮に挑んでいきます。13のアドベンチャー(シナリオ)で、様々なシチュエーションに挑戦することができます。

ヒーローごとに特有の技、特技がカード化されており、キャラクターの個性を活かして協力しながら冒険をしていくことができます。ヒーローが移動するに従い迷宮が広がっていき、モンスターが現れ、トラップが発動します。正統派ファンタジーRPGのテイストたっぷりのゲームに仕上がっています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. sokuri3510sokuri3510
マイボードゲーム登録者
  • 18興味あり
  • 16経験あり
  • 6お気に入り
  • 21持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルダンジョンズ&ドラゴンズ:キャッスル・レイヴンロフト・ボードゲーム
原題・英題表記Dungeons & Dragons: Castle Ravenloft Board Game
参加人数1人~5人(60分~80分)
対象年齢12歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 152
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月26日 01時54分

    シリーズ(ラス・オブ・アシャーダロン、レジェンド・オブ・ドリッズト)全部に共通する内容、感想が多いです。概要このゲームは、ずばりハック&スラッシュに特化したダンジョンズ&ドラゴンズ(以下D&D)です。D&Dであることは名前のとおりなわけですが、実際プレイしてみてもそのとおり。そこに偽りはないと感じます。暗がりの先に何が待ち受けているのか、それをあらわにしていくどきどきする瞬間突発的なアクシデントに対処するため、あらゆる可能性を探り、知恵を出しあい、みんなの能力を組み合わせて乗り越えるチームワーク20面ダイスに祈りを込めて、気合い一発振り出す楽しさそして、レベルアップこんなRPGの楽しさが...

    Craftsmanさんのレビューを読む
  • 215
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月01日 12時00分

    TRPG感覚で遊べるボードゲーム。元祖TRPG「ダンジョンズアンドドラゴンズ」の第4版をボードゲーム化したシリーズの第1弾です。ダンジョンマスターを必要としないので、プレイヤー全員で協力してゲームを楽しめますし、ソロでのプレイにも対応しています。マップタイルをつなげて、ランダムにダンジョンを広げて探索するので、同じミッションでも毎回違った感覚で繰り返して遊べます。後の2作「ラスオブアシャーダロン」と「レジェンドオブドリッズト」とも混ぜて遊べます。今作にはラスボスの「吸血鬼」はもちろん、「スケルトン」や「ゾンビ」、更には超デカい「ドラコリッチ」など、ゴシックホラーテイストなミニチュアが約4...

    chakanosukeZZさんのレビューを読む
  • 282
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月27日 19時52分

    テーマはダンジョン探索。ラスボスは吸血鬼伯爵。ヒーローとモンスターのフィギュアにたくさんの迷宮タイル。男子の夢が箱いっぱいに詰まってるよ!ルールは割とシンプルで、移動は移動力内でマスを移動。戦闘も20面体サイコロを1個振るだけです。最低限のルールでよくRPGのテイストが出ています。プレイ感は案外と重厚で、バタバタとモンスターをなぎ倒していくというよりは、モンスターやトラップに苦しめられながらなんとか生き延びて先に進んでいく・・という感じ。息苦しい展開が続くだけに、アドベンチャーをクリアした時の開放感は格別です。ボスが吸血鬼ということで登場するモンスターもアンデッド類が多いので、アンデッド...

    sokuri3510さんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 244
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月17日 20時31分

    協力ゲームはつらくてなんぼ!ということで、今回はクレリックとローグの2人だけのパーティーでシナリオ8「血と霧と」に挑戦しました。「大ボスを倒しにレイヴンロフト城に潜入したものの、待ち伏せされていたので命からがら逃げ口を探す」というシナリオです(微妙なシチュエーションだな)。序盤、2枚目の迷宮タイルで早くも今回のボスキャラであるゾンビドラゴンが登場(敵に罠を仕掛けられているので、今回はボスキャラが前半で出てくるのだ!)。HPが13もあるので厄介です。しかしデイリーパワー(1ゲームで一回だけ使える必殺技的な技)が2人とも命中したこともあって、鮮やかにゾンビドラゴンを倒したぞ!xxxx!あとは...

    sokuri3510さんのリプレイを読む

戦略やコツ 1件

  • 118
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月29日 18時03分

    このシリーズの主な戦略は、以下の点に集約されます。一緒に行動モンスターは順番に、確実に仕留める罠(Trap)はキホン放置で毎手番探索するタンク役が大事1日毎パワー(Dailypower)、汎用パワー(Utilitypower)を出し惜しみしないスキルとアイテムに気を配る遭遇(Encounter)カードは経験点(Experience)5点と引き換えにキャンセルできる20面ダイスの期待値は10.5ただし、これらは僕の数少ない経験によって得られただけのものですので、これが正解かわかりませんし、充分かどうかもわかりません。むしろぜんぜん不充分だというほうが、ありそうなことです。全くの見当違いでさ...

    Craftsmanさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 275
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月24日 22時11分

    Q&A: ルールに曖昧な記述が多いこのゲームですが、特にプレイを始めてみて「あれっ」と思った項目に関する疑念点の答えをまとめておきます。以下の様なリソースからこうだと思われる答えを記載しています。・取扱説明書や英語版の取説、エラッタ、Q&Aの内容をよく読んで。・BoardgameGeekでのフォーラムの内容から。・BoardgameGeekにアップされている写真などから判断して。1準備名称や部屋が描かれているタイルで、アドベンチャーで特に指定されているタイル以外のタイルは、ゲームに使用するのか?取り除くのか?使用します。ゲーム開始時に、すべてのタイルを使用してタイルのスタックを作成します...

    sokuri3510さんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク