マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2016年~

ダンジョニングEllisさんのレビュー

295
名に参考にされています
2018年03月23日 09時41分

プレイヤーの1人が魔王、残りのプレイヤーが勇者となって戦うゲームです。

魔王は復活まで時間を稼げば勝利、勇者は魔王が復活するまでに魔王の所までたどり着けば勝利となります。


ゲームのフィールドとなるダンジョンは、カードを並べて表現されます。昔ながらのドットRPGゲームの雰囲気が出ていて、非常に可愛らしい見た目になります。


ダンジョンのカードは、初めは全て裏面で置かれており、そこに移動することで表になります。捲ったダンジョンに罠があれば、ダメージを受けてしまうこともあるので、勇者側は協力・相談してダンジョンを攻略していくことになります。


魔王側は勇者を倒しても勝利になりますので、妨害カードや攻撃カードを使って、近付かれないように対策していきます。


ゲームのバランス的には、少し魔王側が有利な印象。ダンジョンの初期配置の運が良ければ圧勝出来ます。

逆に、罠が少なかったり、迂回させられない配置だったりすると、すぐに追い詰められもするので、カードの配置で大きく展開が変わります。


勇者側はチームなので相談出来ますが、魔王側はソロプレイになるので、ゲームを理解している人でないと、いきなり魔王をやるのは難しいと思います。

何度かやっている内に魔王を交代して遊ぶようにすると、飽きが来なくていいと思います。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 9joe_masaharu
Ellisさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 69経験あり
  • 14お気に入り
  • 52持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルダンジョニング
原題・英題表記Dungeoning
参加人数3人~5人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインWelch
アートワークWelchごんたろう(Gontarou)
関連企業/団体てぃ〜くらぶ(T-club)
拡張/関連元ダンジョニング拡張 勇者の雪辱(2018年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Ellisさんの投稿

会員の新しい投稿