マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ダンジョニングDungeoning

魔王復活まで、あとわずか! 最速でダンジョンを攻略せよ!

最弱魔王VS勇者のパーティーの非対称ダンジョンバトル。

魔王完全復活まで、あとわずか!
ダンジョン最奥の魔王を封印せよ!

プレイヤーは、勇者パーティー1~4人と、魔王1人に分かれます。
※公式では、『いちばん最近に飲みに行った人』が魔王だそうです。

勇者のパーティーは、
ランダム配置の裏向きのダンジョンカードを捜索し、トラップに引っ掛かったり、スキルを使ったりしながら魔王に辿り着くことが目的です。

魔王は、
魔力をため魔法を使いながら邪魔をして、完全復活までの時間を稼いだり、勇者の全滅を目論みます。

勇者の職業はランダムで配られた中から選びます。職業ごとにHPや能力が違います。職業選択は全員同時公開なので、悩めます。

ダンジョンの攻略は、
勇者のターン→魔王のターンで繰り返します。

勇者は
それぞれ、待機(HP1回復)・移動・能力を選びますが相談はできません。
行動は「待機」「移動」「能力」の順で行います。

魔王は、
魔力をためる・妨害する・手札を入れ替えるのどれかを行います。
魔力をためるためには、手札を捨てないといけないので、状況をよく考え、どのカードを残すかの選択を毎回迫られます。

このボードゲームの特徴は、
ダンジョンの未知な部分に挑むドキドキ感と、理不尽なトラップ、魔王の攻撃に備えて、仲間の行動を察知し合い連携をする点。また、苦渋の選択と後悔を繰り返しながら勇者の妨害をするという点にあります。

カードはファミコン風のドットイラストで親しみやすいです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. omiogiomiogi
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 69経験あり
  • 15お気に入り
  • 52持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見3
作品データ
タイトルダンジョニング
原題・英題表記Dungeoning
参加人数3人~5人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインWelch
アートワークWelchごんたろう(Gontarou)
関連企業/団体てぃ〜くらぶ(T-club)
拡張/関連元ダンジョニング拡張 勇者の雪辱(2018年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 70
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月01日 20時59分

    最弱魔王VS勇者のパーティーの非対称ダンジョンバトル裏向きのダンジョンカードを捜索し、トラップに引っ掛かったり、スキルを使ったりしながら魔王に辿り着くことを目的とします。魔王は、魔力をため魔法を使いながら邪魔をして、復活までの時間を稼いだり、勇者の全滅を目論みます。ちょうどいい感じになると、残り時間による、1マスの駆け引きなど、ひりついたゲームを楽しめます。一方で、プレイヤーカードの引きや、ダンジョン配置、魔法カードのタイミングなどで、どちらかの暴力的なワンサイドゲームになってしまうことも、それなりにあります。また、序盤で殺されてしまって観戦するしかなくなることもあります。なので、初めて...

    omiogiさんの「ダンジョニング」のレビュー
  • 300
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月23日 09時41分

    プレイヤーの1人が魔王、残りのプレイヤーが勇者となって戦うゲームです。魔王は復活まで時間を稼げば勝利、勇者は魔王が復活するまでに魔王の所までたどり着けば勝利となります。ゲームのフィールドとなるダンジョンは、カードを並べて表現されます。昔ながらのドットRPGゲームの雰囲気が出ていて、非常に可愛らしい見た目になります。ダンジョンのカードは、初めは全て裏面で置かれており、そこに移動することで表になります。捲ったダンジョンに罠があれば、ダメージを受けてしまうこともあるので、勇者側は協力・相談してダンジョンを攻略していくことになります。魔王側は勇者を倒しても勝利になりますので、妨害カードや攻撃カー...

    Ellisさんの「ダンジョニング」のレビュー
  • 194
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月29日 00時33分

    5/10想像していた以上にさっくりとしていたダンジョン系ゲーム。勇者が想像以上にフルボッコされます笑だが、その鬼畜な難易度をイラストの時代と共に表現しているとすれば納得はするかも笑というわけで、粗いゲームが嫌いな人はやらない方がいいかも。このイラストが好きって人は楽しめるだろうし、イラストが嫌いって人なら楽しめないと思う。

    白州さんの「ダンジョニング」のレビュー
  • 166
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月01日 09時35分

    このゲームは魔王1vs勇者での戦いとなります。各勇者が「1.待機(1HP回復)」・「2.移動(1マス進む)」・「3.能力(特殊能力を使用)」の中から同時に行動を決め、全員行動したら魔王のターン。魔王は「魔力をためる」・「魔法を使用する」・「手札を入れ替える」のどれかを行い、最後に1枚山札から引く。山札が尽きれば魔王の勝ちです。逆に勇者側は、魔王の山札が尽きるまでに魔王の部屋にたどり着けば勝ちです。勇者の行動順は上記の行動番号の低い順で、同じ場合は任意です。移動する際、移動済みのカード以外は裏向きでランダムにおかれているので、運が悪いと罠ばかりの部屋を通ることも・・・。魔王が若干有利になっ...

    ガラス猫さんの「ダンジョニング」のレビュー

リプレイ 1件

  • 317
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月04日 17時24分

    協力型のダンジョン探索ゲームを5人で遊びました!このゲームは勇者チームと魔王に別れて勝負します。勇者チームはダンジョン内を探索し、魔王を見つけて封印する事を目指します。魔王は様々な能力カードを使って勇者達の邪魔をします。今回はこのようなパーティー編成で魔王スズキに挑むことになりました。まま賢者ぽっくり魔法使いせっきーネクロマンサーゆうちゃん盗賊勇者が手番に行えるアクションは1.待機(HP1回復)2.移動3.能力を使うの全部で3つです。この時、勇者同士が相談して「次この能力使うから、君はこっちに移動しておいてね」といった作戦会議は基本的には出来ません。なので、仲間の行動を予測したアクション...

    ままさんの「ダンジョニング」のリプレイ

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿