マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~3人
  • 120分前後
  • 12歳~
  • 1980年~

ドラゴン・パスchacoさんのレビュー

130名
1名
1
19日前
 1975年にChaosiumが出版した『White Bear and Red Moon』は1979年に3.5版が出版された後、1980年に『Dragon Pass』と改題されました。写真の日本語版は1984年にAvalon Hillから出版された新版をライセンスしたもので、ボックスアートが天野喜孝のイラストに変更されています。個々のキャラクターを表した駒の持つ特殊能力の解説にルールブックの大半を割いているようなゲームであるため、そこで描かれた「Glorantha」と呼ばれる世界を元にして制作された『Rune Quest』RPGの方が有名でしょう。オリジナル版には1977年に出版された『Nomad Gods』と言うタイトルの(「Prax」と呼ばれる地域を扱う)続編も存在するのですが、残念なことに『Dragon Pass』に併せた改訂版はフランスのORIFLAMから1994年に出版された『Les Dieux Nomades』しか存在しません。
この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
コントローラー
chaco
chaco
シェアする
  • 9興味あり
  • 21経験あり
  • 5お気に入り
  • 26持ってる
#1
10日前

ホビージャパン製の日本版のボックスアートは、天野喜孝氏ではなく、草彅琢仁氏ですよー。

たまご
Bluebear
Bluebear
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

chacoさんの投稿

会員の新しい投稿