マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~40分
  • 12歳~
  • 1988年~

ドラダ大石、Rei Asano、コバヤシ、Nさんのリプレイ日記(2016年11月27日)

98
名に読まれています
2016年12月01日 22時52分

ほぼ月一のゲーム会。初見の方もいたので挨拶代わりに軽いゲームからという感じでRei Asano持込のドラダが選ばれた。


概要

基本的には単純なすごろくゲーム。持ち駒は四つでダイスの出目だけ進むが、どれを進ませるかは各自の任意となる。特徴的なのはすでに人の駒があるマスに止まると先着の駒の上に重ねることが出来るところ。上の駒がどくまで乗られた駒は動けないので相手の選択肢を潰すことが出来る。それから一般的なすごろくと違って後着の方が点が高くなるところもユニーク。とにかく牛歩牛歩で相手に先を歩かせたい、ちょっと変わった雰囲気のレースゲーム。


序盤

Nさんからスタート。初見のゲームに戸惑いながらも素直な感じで駒をスタートさせていく。続くコバヤシRei Asano大石も次々駒を進めてスタートからの6マスは早くも団子状態に。乗って乗られての争いが続く中、出目に恵まれた大石は最初に出した駒だけをがんがん先行させる。ゴール前をキープして他がゴールした後でゆっくり最後尾を奪おうという作戦だった。ゴール一歩手前の好位置に到着した大石だったが、すぐ追いかけてきたRei Asanoの駒に乗られて身動きが取れなくなる。


中盤 

そうこうしている内に早くも一人目のゴール到達者が発生する。栄えある(?)一着はコバヤシコース上に二箇所あるワープマスに乗った駒は強制的にゴールしてしまうのだが、人に乗っかられて他に動かせる駒がないと踏みたくないのにそのマスを踏まざるを得なくなってしまう(※通称卒業)。ダイスに嫌われたのか、コバヤシは落とし穴に落としてもう一つ駒を失っており、残りの駒は乗っかられてて身動きが取れないためしばしば手番を飛ばされる羽目に。

一方乗っかられ被害はRei Asanoにも深刻な問題となっていた。ようやく動き出した大石の先行以外の駒が序盤で団子になっていたRei Asanoの駒を潰すせいでゴール手前の駒を動かさざるを得なくなり、あえなく落とし穴にどぼん。そんな中、マイペースなNさんは地道に進めていた駒を序中盤の落とし穴で失ってジリ貧になっていた。


終盤

ダイスに愛された大石が駒四つを保持したまま、コバヤシのラスト駒が無事卒業。その後Rei Asanoも三つほどゴールさせ、Nさんはゴール手前の落とし穴ゾーンに阻まれて無得点のままゲームを終え、最後に残った大石がずっと俺のターンで三駒ゴール。

細かい点数は記録してないが、


1位 大石約200点

2位 Rei Asano約100点

3位 コバヤシ約70点

4位 Nさん0点


と言う結果だった。


以下、個人的な感想とか

大石「ルールも見た目もシンプルな割りによく盛り上がる良いゲームでした。勝ったから言ってるわけではありませんよ、もちろん。ヘキセンレンネンに似てますが、あちらより収束性が良くて洗練されてる気がしますね。準備とインストの手間が少ないため、より万人受けするかもしれません。どちらにしろ妨害の手段は露骨ながら、このゲームはダイスを言い訳に出来るので、気心が知れてない人とも気兼ねなく楽しめると思います」


Rei Asano約1名(大石)が序盤から鬼のようなダイス目でゴール寸前まで旅行している間に、他のプレイヤー同士がやたらコマのマウント合戦になってしまったのが敗因。さらに追い討ちで大石が終盤「見さらせ!ずっとワイのターンや!」状態に。こうなっては指をくわえているしかありません。寝取られた気分です。

でも、ゲームとしてはやっぱり面白い!最後までエキサイトできる、とても良いすごろくゲームですね。

勝敗プレイヤー名最終得点
勝ち
大石200点
Rei Asano100点
コバヤシ70点
Nさん0点
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 4人
2016年11月27日

ゲスト
Nさん
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 64経験あり
  • 13お気に入り
  • 32持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルドラダ
原題・英題表記Dorada
参加人数2人~4人(30分~40分)
対象年齢12歳から
発売時期1988年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク