マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ヘキセンレンネンHexen Rennen

今宵は魔女達のレース、一見すごろくだけど一筋縄ではいかないぞ!

今宵は魔女のお祭りです。興に乗った魔女達はレースを始めます。プレイヤーは魔女のチームを率いてレースに勝つ事を目指します。

基本的にはすごろくですが止まったマスが自分の色の数字なら更にその数だけ進めます。ただし魔法陣には注意して下さい。自分の色の魔法陣なら手持ちの魔法カードを使うことで更に進むことができますが、他人の色の魔法陣であった場合は魔法カードで戻されてしまうかもしれません。

それを踏まえて2~10のタイルを3当分されたコースに配分します(魔法陣は必ず全てに入ります)

全員分のタイルを裏向きで混ぜてコースを作ります。そう誰かが止まってめくるまで効果がわからないのです。

また勝利条件もちょっと変わっていて誰かの魔女3人がゴールしたら終了です。ですがその人が勝つとは限りません。

4点3点2点とゴールが決まっておりゴール手前のマスから1で進むと2点のマスへ、もうこのコマは移動させることができません。
そのため3コマ全てゴールしても4点2つに負けたりします。

運と駆け引きが面白いすごろくゲームです。

夏至の頃、それは魔女たちの夜。毎年、嵐と霧と雲と森の魔女たちが集まってきます。夜が更け、大きな炎があたりを照らすと刺激的なレースがスタートしますというテーマのボードゲーム。いずれか1人が自分の魔女を3人ともゴールさせたら、ゲーム終了です。ゲーム終了時に、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. しれ〜しれ〜
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 54経験あり
  • 13お気に入り
  • 38持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力4
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルヘキセンレンネン
原題・英題表記Hexen Rennen
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢7歳から
発売時期2001年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインヴォルフガング・パニング(Wolfgang Panning)
アートワーク未登録
関連企業/団体クイーンゲームズ(Queen Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 94
    名に参考にされています
    投稿日:2019年12月17日 23時07分

    ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!ヘキセンレンネンは、サイコロとタイルの連鎖によって一気に進んだり戻ったりすることが発生するすごろくタイプの面白いボードゲームです!遅れているかと思ったら一気に前進したり、反対に一気に後退させたりでき、ダイナミックなレース展開が楽しめます。最初にコース上に置く自分のタイルを3つに分けて仕込むのも面白いです。基本はすごろくなので、サイコロ運に左右されてしまうのと、なので思うように魔法カードも使えなかったりします・・・好き度(Like)▶3pt.≪★★★≫おすすめ度(Recommended)▶3p...

    オグランド(Oguland)さんの「ヘキセンレンネン」のレビュー
  • 79
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月05日 21時02分

    「ヘキセンレンネン」は移動先のタイルに描かれた魔法効果を得て一喜一憂するスゴロクレースです。

    シグルンさんの「ヘキセンレンネン」のレビュー
  • 147
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月06日 12時02分

    ダイスを振って魔女駒を進め、ゴールを目指す変則すごろくゲームです。ダイスは普通の六面で出目も1~6までと、このあたりはいたって普通なのですが、このゲームはコースが変則。ゲーム開始時、プレイヤーには各自の色に対応した2~10の数字と魔法のマークが描かれた円形タイルが配られます。プレイヤーはこのタイルを前半中盤後半用のコースとして三等分し、全員分まとめてそれぞれをシャッフルすることで一本道のコースを作るのです。はじめ伏せられた状態になっているコースの上に魔女駒が乗るとタイルが公開され、もしそれが自分の色のタイルだった場合、書かれている数字と同じ数だけさらに進むことができます。進んだ先も自分の...

    大石さんの「ヘキセンレンネン」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿