マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2017年~

宝石の煌き:都市まつながさんのレビュー

3936
名に参考にされています
2017年09月28日 22時49分

宝石の煌きは20回くらい遊んで、とても好きなゲームなので、拡張が出る!ということで(こんなに早く日本語版も出るなんて…)発売日に買ってきました!!


左が今回発売された拡張、宝石の煌き:都市。お姉ちゃん。


箱は普通のと同じ大きさですが、なんか触った感じは違う…前のよりざらざらしてる。そして軽い。


中身はこんな感じ。

上が都市、真ん中が交易所、左下が東洋、右下が城塞で使う拡張って感じでまとまってます。


ルールブックは、1拡張1枚にまとまってて、量も少ないんで、買ってその場で読み合わせてもすぐ始められます。


2人で1回ずつ遊んだだけなので、プレイ感は後で印象変わるかもです。



①都市

貴族の代わりに都市が入って、なんと勝利条件が変わります。

都市を誰かが取ったらそのラウンドでゲームは終了。都市を取った人の勝ち。

複数人いたら、点数勝負。


都市の獲得条件は、画像上の一番左の都市タイルだと、14点と緑4枚と何か同じ色のカード4枚。

貴族は狙わなかったらあんまり気にしないかもしれないけど、都市は狙うことがマストというか、取らないと勝てないわけで、今回だと緑が共有して条件だったのでけっこう奪い合いになる。

でも結局緑が必要ない都市タイルもあったし、都市の条件に点数もあるから、そんなにプレイ感変わらない印象…?

貴族タイルっていう得点源がないから、プレイ時間はやや長くなるかも。17点とか必要な都市あるしね。



②城塞

1人3つ、こういうコマを持ちます。

カードを購入したら、自分のコマを置くか動かすか、もしくは相手のコマを戻すか。


コマを置くと、そのカードは自分だけが購入できるようになります。

同じカードに3つ自分のコマを置くと、追加ターンみたいな扱いでこのカードを買える感じ。


相手のことをより考えないと行けない感じなのかな?

確実に自分が欲しいカードを予約以外で取れるようになるし、攻めの範囲が広がるような。相手の欲しいやつのブロックもできるから、守りも広くできる。

でも、正直あんまりわかんなかった!! 予約システムは今までもあったんだし…。プレイ時間は伸びます。



③交易所

ボードがあるのが新鮮!!画像の左側の長細いボードが交易所。


特殊能力のある宝石の煌き!プレイ感一新!!!

赤3白1とかの割と軽めな条件を満たすと、その後ずっと特殊能力使える。


特殊能力は、

・赤3白1:購入したときに1トークンもらえる

・白2:同じトークン2つとる時に他のも1つ取れる

・青3黒1:金トークンはトークン2個分の価値

・緑5と貴族:5点

・黒3:特殊能力ごとに1点

て感じ!強い!!!!!どの能力を取っても、うまく使えたら強いと思う。

最初の3つは能力強化系だから、どれも序盤にほしいけどそれはみんな一緒で、他の人にかぶらないようにするか、諦めつつ邪魔はするか、などそのときのサプライを見て考える必要がありそう。

最後の2つは得点系で、一気に誰かが15点よりも大きく点数とって上がったりする。


インフレ系の拡張だから、やってて楽しい!



④東洋

どこがどう東洋なのかはよくわかんない!

右の赤いカードが東洋カード。各時代10枚ずつで2枚ずつオープンにする。扱いは普通のカードとだいたい一緒。


世代1にあるのは、

・ワイルドカード(既に取ってるどれかの宝石カードになる)

・金トークン2個カード(使い捨て、バラバラの色として使える、トークン10個の上限に含まれない)

世代2にあるのは、

・ワイルドカード+世代1カード無料

・貴族タイルの確保(他の人に取られることは絶対なくなる)

・1カードに2宝石(画像左下のエメラルドがそれ)

世代3にあるのは、

・宝石+世代2カード無料

・指定された宝石のカードを捨てることで手に入るカード

・なんかもうひとつあった気がする


とりあえず選択肢が単純に増えて、考えるのたいへん!!

うまく前半集めておくと、後半どんどん高いコストのカードが手に入ってきたりする。どんどんインフレしていく感じで楽しい!

普通の宝石の煌きって、あんまりうまくないからか中盤ちょっと進みが遅くてだれる時があるけど、それがなくて、ずっと楽しい。



そんな感じで、交易所と東洋がわかりやすく楽しくて、都市や城塞は玄人さんがじっくり戦略的に楽しめる拡張!って印象。


宝石の煌きが好きなら買って損はないかなって。

遊んだことのある人が多いゲームだから、拡張でもよく回りそう。

地味にスタピマーカーが便利。宝石の煌きはスタピ大事だからなー。

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • じぇど。
  • うるふ@ゆっくりし隊
  • しろー
  • かわちや
まつながさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 301興味あり
  • 696経験あり
  • 125お気に入り
  • 543持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力14
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見9
作品データ
タイトル宝石の煌き:都市
原題・英題表記Cities of Splendor
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

まつながさんの投稿

会員の新しい投稿