マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~7人
  • 20分~60分
  • 10歳~
  • 2000年~

あやつり人形どじょうさんのレビュー

176
名に参考にされています
2018年10月05日 17時12分

複数存在する役職カードを順に選び、誰がどの役職を行うのかがわからないままラウンドを進める。

ラウンドを通して、コインを増やし、そのコインを使って建物を建てる。

建てた建物によって得点が得られ、その得点で勝敗を決める。


結局建物を建てたら勝ちなのだが、そのためにはコインが必要。

コインを集めるのに有利な役職もあれば、建物を建てるのに有利な役職もある。

そして重要なのは他者を行動不能にする「暗殺者」と他者からコインを強奪する「泥棒」の存在。


王様ゲームのように、誰がどの役職なのかはラウンドの初めはわからない。

わからない状態で「暗殺者」は告げる。

―「3番」を攻撃します。


役職による攻防そのものはゲームの本質ではなく、あくまでもより良い建物を建てた人が勝ちなのだが、

ラウンド毎のやり取りそのものが面白い。

ただ勘で、何となく選ぶのではなく、相手がこれを選ぶだろうからこういう選択にするという

推理や心理戦がないと面白味は半減する。


メンバーの半数以上はある程度、考えられる人でないとこのゲームは淡々と進んでしまうだろう。

……役職を自分で選んだつもりでも、実は相手に選ばされているのかもしれない。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 遠山のきんさん
どじょうさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 219興味あり
  • 955経験あり
  • 208お気に入り
  • 699持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力22
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ21
攻防・戦闘5
アート・外見6
作品データ
タイトルあやつり人形
原題・英題表記Citadels
参加人数2人~7人(20分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク