マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~7人
  • 30分~210分
  • 12歳~
  • 2013年~

カヴェルナ:洞窟の農夫たち大石、Rei Asanoのリプレイ日記(2016年10月1日)

366
名に読まれています
2016年10月07日 19時22分

折角会員登録者同士で遊んだので記憶の新しいうちに記録をつけてみる。

画像はありません。


二人とも初プレイだったのでコンポーネントの多さとルールの分厚さに辟易しつつも、確認しながらセットアップを始める。「まあ、アグリコラやったことあるし余裕っしょ」と軽く見積もっていたら普通に1時間以上かかってしまった。全体の流れはほとんど同じなのだが、細かい部分で変化がありそれを確認するのが結構な手間だった。


ともあれ、ゲームが始まる。二人ということで場所取り争いをするような事もなくそれぞれが別の道に進む。大石は主に左のスペースを伸ばし小麦の栽培と羊の繁殖をとりあえずの目標とし、Rei Asanoはアグリコラにはない新システム冒険とルビーに力を入れる。


お互い飢えることなく第二ステージに入り、2ラウンドあたりでRei Asanoが子作り宣言。武装したドワーフはすでに二桁台になっていて、右スペース中心ではあったがかなり開発が進んでいた。一方大石は農業も牧畜もうまい具合には運ばず、専念してる割には食料に余裕がなかったためしばらくは二人体制で頑張る。

第三ステージで大石が必要に迫られて子作りを始める頃にはRei Asanoの二人の武装ドワーフが左側スペースにも手を出し始め、さらにもう一人ドワーフを増やす。

収穫なしマーカーの影響で何度か危うい目にあったが、第四ステージに入っても両者飢えはなく、大石は冒険担当一人左右の開発にそれぞれ一人ずつの体制に。左の開発が終わると持て余し気味の資材で右スペースに部屋タイルを置いていく。その間、Rei Asanoはルビー担当と冒険担当にドワーフを分け、ふんだんにルビーを活用しつつ冒険によってバランス良く必要なものを揃えていく。


最終的には、

大石約50点

Rei Asano約70点

Rei Asanoの勝ち。


ルビー、冒険と言う新システムを積極的に取り入れた革新派のRei Asanoと、開拓を中心に据えたアグリコラ以来のやり方から抜け出さなかった保守派の大石と言う感じで、思想の違いが勝敗を分ける形となった。


以下、個人的な感想とか反省とか


大石「アグリコラのかゆい所(主に繁殖関連)に手直しを入れつつ、新たなルールを追加したアグリコラVer.2と言った感じのゲームでした。完全上位互換と言うわけではなくそれぞれの良さや悪さがあると思うので、あっちが好きならこっちも好きとはならなそうな印象です。


上記の敗因をもっと詳しく振り返るとルビーの重要性を失念していたのが一番大きかったように思います。野菜にしろ牛にしろルビーと交換することができる、と言うか冒険しないならそれ以外の手段で入手できないということをうっかり忘れていたので、ルビーは相手の欲しいままに取らせてしまいました。これがあかんかった。あと地味に羊の食料価値がアグリコラ時代より低くなってたのも痛かった。結局アグリコラのプレイ感そのままで乗り切ろうとしたのが一番の敗因でした。


まあ反省は次の機会に生かすとして、アグリコラもそうなのですが、システム的にどうしても納得できない部分が気になるので好みのゲームにはならなそうな感じでした。やりたい人がいるなら付き合うけど、自分からやりたいですとは言い出さなそうな感じ。箱庭作りは楽しいのですが、経営が軌道に乗ってきたあたりでゲームが終わってしまうので、ゲーム中は基本ずっとかつかつであんまり楽しくないと言うか。終了までの時間をきっちり計算してワーカー置いてけってことなんでしょうが」


Rei Asano今回は高ランクの冒険を連発し、ルビーによる資源変換でゴリ押し勝利でした。初プレイだったのでバランスが分からず、序盤に農作物も動物も確保できてなかったので正直不安だったのですが、意外に何とかなってしまった印象。アグリコラの続編と思っていましたが、冒険アクション戦略のメインに据えると別のゲーム感が結構強いです。農場のアグリコラと開拓のカヴェルナという感じ。

冒険は便利なのですが、ランクが上がるとやれることが多すぎてダウンタイムが長くなります。動物を連れてきたり、農地タイルを獲得できたり、部屋が作れたり…何でもあり過ぎて何のゲームなのかちょっと分からなくなってしまう気がします。その点は農場っぽさに焦点が絞られていたアグリコラの方が上かも。ただ、職業カードによるランダムが無くなった分、戦略性はカヴェルナの方が上かも。

個人ボードに好きな農場や洞窟を組み立てるというシステムは万人受けすると思いますので、こう言った系統のゲームは一本くらい持っていても良いのではないでしょうか。本気の得点勝負をしなければ、普段ゲームをプレイしない人にも案外ウケるかもしれません。

勝敗プレイヤー名最終得点
大石50点
勝ち
Rei Asano70点
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 2人
2016年10月01日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 247興味あり
  • 362経験あり
  • 121お気に入り
  • 332持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力16
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルカヴェルナ:洞窟の農夫たち
原題・英題表記Caverna: The Cave Farmers
参加人数1人~7人(30分~210分)
対象年齢12歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク