マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 90分~150分
  • 14歳~
  • 2023年~

アーク・ノヴァ:マリンワールド(拡張)リーゼンドルフさんのレビュー

749名
3名
0
3ヶ月前

アークノヴァの拡張海洋生物を増やしたという事にはなっているが・・・


それ以外にもいろいろと増えてるので一概に海洋だけとは言えない。


まず拡張に合わせて交換するカード、追加された最終得点や保全、後援者などを含めて81枚。



その中でやはりテーマとして出ている水生生物のかーどの登場だろうか。


右上にある珊瑚のアイコンの効果によって珊瑚のアクションが累積していって、使えば使うほど重複するというえぐい効果はあるのだが・・・


このゲームをゃっている方ならわかるのだが、そうそう系統だった動物なんて集まるわけでもない。まして32枚しかないとなると引き当てる率はいくばくのものか。


一応このカードには波アイコンという動物カードの回転を上げる効果はある。とはいえやはりこのカード達が場に出ないことにはそれも発生しない。

ちなみにこの生物は専用の水族館タイルに入れないといけない(一部除く)それぞれ4枚しかないので取り合いが起こるとは思う。しかし5の方は地味に個人ボードにはめにくいので計画的に場所を確保する必要があるだろう。


新たな大学トークンとして、動物アイコンのついたトークンが登場した。とはいえ6種類ある動物アイコン分ランダムでとらないといけないのかというとそうではなく、動物アイコンつきのトークンを取ると好きなトークンの付いたものと交換できる仕組みになっている。

しかし各種1つまでとなっているので取り合いは必須である。


あとユニーク能力を持ったアクションカードの登場も大きい。各ゲーム2枚まで交換してプレイすることによってリプレイ感がさらに増すものとなっている。


ここまでが大体の拡張の説明となります。


結論としてこの拡張は必須といわれるだけあって、いろいろな追加要素で楽しみがさらに増したと言える。

カード類がさらに増えたことにより、収納が困難になると思うが、今のところそういった弊害もなく、マップ拡張共々収納が可能となっている。


とまぁ、ここまではマニュアルに書かれていたことなんだが・・・


これの存在について「代替用カウンターとプレイヤートークン」としか書かれていない。


どれがどれなんだかBGGを見てみても・・・わからないのでメーカーさんに問合せしましたところ・・・


代替用カウンターは基本ゲームのカウンターの代わりに使用します。
チケットの形のものは訴求点に、トロフィーの形のものは保全点、学帽の形のものは評判点の記録に用います。

動物駒は個人の動物園マップの左端にある保全計画のボーナススペース7つに置きます。


うん、これいわれねーとわからんわ・・・。

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
つばくろう
airhead
びーている / btail
リーゼンドルフ
リーゼンドルフ
シェアする
  • 54興味あり
  • 155経験あり
  • 69お気に入り
  • 275持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

リーゼンドルフさんの投稿

会員の新しい投稿