マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 15分前後
  • 8歳~
  • 2021年~

ゴーシチゴーシチシチSato39さんのレビュー

72名 が参考
3名 がナイス
約1ヶ月前

《誰でもエモい短歌を作れる魔法のゲーム!》

最近、Twitterでバズっていた投稿を見て面白そうだったので購入したら、期待以上にエモかったのでレビューします。

【19.4万いいねを記録したツイート!】

先日、Twitterをぼんやり眺めていたらバズっているツイートが流れてきました。正確な数字は覚えていませんが、10万いいねを超えていたと思います(調べてみたら最終19.4万いいねでした)。

経緯は知りませんが、元ネタのツイートは削除されており、ご本人と連絡がとれなかったためカードを並べて私が写真を取りました。

エモい!

小学三年生が作ったとは全く思えないほどの完成度ですね。授業が終わった放課後、雨のなか偶然出会った素敵な彼。「行けたら行くわ」とあまり興味がなさそうな雰囲気を醸し出しながらも、最後の「タイムマシンで」と締め括る感性。思わず、

「タイムマシンかい!そんなに行きたいのか!」

とツッコんでしまいたくなるほどのエモさですよねw
これを見て、すごく遊んでみたくなりました。


【ネットでは既にプレミア価格になっていた!(2021/10/10当時)】

早速、ネットで検索してみたら全て4,000円オーバー!え!そんなに高いの?と思って調べてみたら、定価1,760円(税込)。流石に買うこともできず諦めました。残念。
ところが、数日後に買い物へ出かけたところ、おもちゃ売り場で普通に売ってるのを見つけて即買いw

※2021/10/28現在、増刷されてネットでも定価で販売されているようです。


【ルールはとても簡単。57577に並べるだけ!】

ほとんどルール説明のいらないゲームです。公式ホームページに全て書いてありますねw

ただ、説明書を見て不安になりました。

「果たしてうちの国語嫌いの息子に短歌を作れるだろうか…」

そこでちょっと様子見もかねて、ハウスルールで遊んでみることにしました。

<Sato39ハウスルール>

  • 各プレイヤーは、5・7・5・7・7の計5枚のカードを持つ。
  • 1枚ずつ順番にカードを出して、みんなで協力して一つの面白い短歌を作る。
  • 常に手札は5枚になるよう補充する。
  • みんなが満足したら終了w


【協力ゲームでも十分面白い!】

上記ルールで遊んでみたところ、始まるやいなや、息子はゲラゲラと笑い出して止まりません。こっちも可笑しくなってきて、2人で大爆笑しながら作った短歌がこちら。

<意味>
二人で雨の夜道を歩いていると、角を曲がった時に君がふと見せた「カニが食べたい」というあざとい仕草(が、とても愛おしい)。

1枚目:まず私が出したカードが、「雨のなか」。
先述の短歌みたいな素敵な歌になればいいなぁ、と思って出しました。

2枚目:息子が出したカードは、「角を曲がれば」。
お!と思いましたね。角を曲がると何があるんだろうw

3枚目:私が選んだのは、「あざといね」。
角を曲がった先のことはさらに息子に委ねることにしました。小学2年生の息子は「あざとい」という言葉を知らない様子だったので、「何かを企んでいることだよ。」と説明しました。

4枚目:息子が一生懸命考えて出したカードは、「カニが食べたい」。
2人とも大爆笑ですw。なんでカニやねん!

5枚目:とにかく手元にあるカードでまとめないといけません。選んだカードは、「オーラをまとい」。
これが自分的には意外としっくりきました。

とってもエモくないですかw


【ルールのバリエーションは多い】

上記は私が勝手に作った協力モードのハウスルールですが、説明書には下記3つの遊び方が示されています。

  • 個人戦モード(3~8人):個人同士で一つの短歌を作って発表。ベスト短歌をみんなで投票して勝者を決める。
  • チーム戦モード(5人~):2チームに分かれるチーム対抗戦。通常通り短歌を作成し、チーム内での最高傑作同士で戦わせるモード。
  • リモートモード(3人~):オンラインで画像を共有して対戦。その際、お題カードを決めておく。

遊ぶ相手や場所により、いろいろなプレイ方法を選べるのはとても良いですね。それぞれに合った遊び方があるはずですから。


<良いところ>

  • 誰でもカードを出すだけで短歌が作れる。ボードゲーム初心者も安心。
  • ルール説明は簡単。誰とでも気軽に遊べる。
  • 短歌に興味が湧く!(かもしれないw)

<悪いところ>

  • 何回か遊んでいると、同じフレーズに飽きてくるかも。
    →拡張が欲しいです。

※今回のレビューにあたり公式HPより画像を引用させていただきました。問題があれば削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。またツイート作者様、もしこのレビューを見て不快に思われたならご一報いただければ削除いたしますのでご連絡ください。


【感想】

ある日、偶然見かけたツイートがあまりにも素晴らしいものだったので衝動買いしてしまいました。上述のように国語の苦手な息子と二人で遊んだため協力モードにしましたが、とても楽しかったです。後日ふだんボードゲームをしない妻も入れて三人で協力モード、個人戦モードの両方をプレイしてみましたが、どちらも面白かったですね。

だいたい10首程度作ってほとんどが意味の分からない歌になりますが、その中に1首ぐらいキラリと光る歌があるものです。興味を持たれた方はぜひ手に取って遊んでみて欲しいです。そして素敵な歌ができたら、ハッシュタグ「#ゴーシチ」を付けてツイートすると幸せになれますよ(笑)

さらに色々なフレーズがあるとバリエーションも増えるので、ぜひ続編または拡張を期待したい作品ですね。

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
天野慶🍍57577🌞
ハルシカ
18toya
Sato39
Sato39
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 24経験あり
  • 6お気に入り
  • 38持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルゴーシチゴーシチシチ
原題・英題表記57577
参加人数3人~8人(15分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2021年~
参考価格1,760円
クレジット
ゲームデザインなべとびすこ(Nabetobisuko)天野 慶(Kei Amano)
アートワーク未登録
関連企業/団体幻冬社
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Sato39さんの投稿

会員の新しい投稿