マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 10歳~
  • 2016年~
162
名に参考にされています
2019年04月09日 11時01分

上原夫妻の犯行を暴く、、、じゃない、推理ゲームです

私はこういう推理モノだとか論理的に進めていくゲームがものすごく苦手で、まともに勝てたことはありませんでした。テレビや映画を見ても犯人が捕まった段階で「あ、コイツ犯人なんか」と思うくらい鈍いです

逆に嫁は推理モノが大好物で、テレビや映画を見ながら序盤に犯人を当てたり犯行動機まで言い当てたりするくらいの猛者です。開始10分くらいで「あ、コイツ犯人だわ、家主に逆恨みして刺したパティーンだわ。そもそも配役がおかしいわ」とか、、、ホントよく見てますね

もちろんボードゲームという特性上、システム上浮かび上がった犯人を見つけるというルールになるのですが、何度遊んでも攻略方法が理解出来ず嫁、さらには子供達にまで先を越されてしまいます

たった4人の「容疑者」と、4箇所の「犯行現場」、4つの「犯行時刻」からなる組み合わせで16パターンから見つけるだけなのですが間違った質問をしたり、メモを書き間違えたりでいざ犯人を言い当てようとしても失敗に終わることが大半でした

似たゲームだと「CLUE(CLUEDO)」がありますが「四人の容疑者」の方が場所も取らないし、犯人を言い当てた時に爽快感がある(嫁談)そうです

コインを使って助っ人を呼ぶことが出来るのでこれもまた良いアクセントになっています

犯人を捜すような推理ゲームをあまり見かけないので結構珍しく思いましたが、システム的にもコンポーネント的にも素晴らしく、単純に面白いゲームだと思います

(各イラストの元になったであろう芸能人を探すのも楽しいです)


「今回の犯人は、、、何原夫妻かな?(嫁)」「上原夫妻ありきで犯人捜すのやめww」


個人的評価:8/10


※先日「特製ついたて」をようやく店先で発見したので購入したのですが、5枚セットで500円とか実質無料なのでは、、、

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
hiroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 100興味あり
  • 435経験あり
  • 73お気に入り
  • 290持ってる
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力12
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル4人の容疑者~湯けむりに消えた謎
原題・英題表記Four Suspects
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格2,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

hiroさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク