マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
4人の容疑者~湯けむりに消えた謎
  • 4人の容疑者~湯けむりに消えた謎当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 30~45分
  • 10歳~
  • 2016年~

4人の容疑者~湯けむりに消えた謎 / Four Suspects の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
殺人事件が起こった!この事件の犯人は誰?論理的に答えを導き出そう
  • クリスチャン・アムンセン・オストビー(Kristian Amundsen Østby)作

隠されたカードの中身は何かを当てる、論理パズル系のボードゲームです。

容疑者や時刻、場所を当てる必要があり、自分の持っているカードや、他の人への質問などから、隠されたカードがだんだんわかってきます。

特殊カードがあるため、積極的に答えを当てに行くことが可能です。

間違えてしまっても、もう一度遊びたい!となる、中毒性のあるボードゲームです。

4人の容疑者~湯けむりに消えた謎に9件の書き込みがあります

893
名に参考にされているレビュー
2016年10月13日 12時37分

基本的には「Clue」に代表されるような「隠匿されたカード」を特定する、論理パズル&推理ゲームです。
16枚のアリバイカードの内、1枚が封印され、そのカードが何であるか特定することにより勝利を目指すゲームとなっております。

基本的にはマトリックスを使い、公開されるヒントから消去法でアリバイカードを特定するのですが、
このゲームで重要なのが「協力者」カード。
ヒントの提出を求められたプレイヤーはその見返りとしてコインを獲得できるのですが、
このコインを使って使用できる協力者のカードの使い方がゲームの鍵!

質問内容を任意に変更できたり、手番を連続して行えたり、ヒントの申告内容をぼかすことができたり、アリバイ提出に関してカウンターが取れたり、、、と、
これまでの論理パズル形式になかった「攻めの1手」が行えるゲーム性となっております。

短時間で濃密な推理合戦が行えるので
論理パズル形式のボードゲームが好きな人にはおすすめなのです!

続きを読む
閉じる
292
名に参考にされているレビュー
2017年02月12日 14時49分

16枚の「容疑者」「時刻」「場所」がそれぞれ書かれたカードから1枚抜き取り、それを特定するゲームです。

容疑者、時刻、場所、それぞれ4種類あります。

それ以外の15枚は各プレイヤーに均等に配ります。


自分の手番が来るとできることは場に出ている「聞き込みカード」を用いて、他プレイヤーに○○が関連しているカードを何枚持っていますか? という質問ができます。

例)3時のカードを何枚持っていますか?

  ○○さんと△△さんのカードを合わせて何枚持っていますか?


自由に質問できるわけでなく場に出ているカード書かれている条件に準拠しなければいけません。

それに加えて質問の結果が複数枚該当していた場合、どれか一枚を自分だけ見せてもらうことができます。枚数は口頭なのでほかのプレイヤーにも伝わりますが、確実な情報は質問した人物だけが見ることが出来る...といった感じです。

ここは「クルード」と同じポイントだと思います。


また、質問されるほど不利...ということにならないように存在する質問された側がもらえるコイン。 これを使うことによって協力者カードを使うことができるようになります。


ほかの人がどれくらい情報を得ているのか?自分はなにか見落としをしていないか?

論理的思考を必要とするゲームです。

正解がわかったときはすっごい気持ちがいいですよ~~!!!おすすめです。


(推理がしやすいように、ゲームの中には表のように書かれたメモ帳がたくさん入ってます。)

続きを読む
閉じる
282
名に参考にされているレビュー
2017年03月14日 16時57分

2人プレイ感想

2人で擬似的に4人を演じるので人数が減ったからといってプレイ感は変わりませんでした。

相手の右手さん、相手の左手さん2人分把握するのは4人プレイ時より簡単です。4人時は3人のメモを上手にこんがらないようにとりますが、この場合は2人ですみます。


しかし大変なのは自分の手札管理。相手にどのカードがバレたかを記録する必要が出てきます。4人プレイの場合はリスク分散がされているのでなんのカードがバレたかはそこまで重要視しなくても、やられる前にやればいい場合が多いです。しかし2人プレイだと相手は1人。相手に手札を絞られた瞬間に負けてしまう。


ひたすらにコインがたまり続けるので特殊能力使い放題で短時間で決着がつく傾向にあります。しかしそれは必ずしもどちらかが見事犯人を当ててめでたく終了するわけではなく、相手に先を越されないように焦って誤答し終了する場合も多々あります。一種のチキンレースのような感覚でした


3人以上のプレイをしたことがある人向けのレビューとなってしまいましたが、2人プレイヤーさんの参考になれば幸いです

続きを読む
閉じる
177
名に参考にされているレビュー
2018年04月05日 18時12分

16枚の容疑者カードから1枚カードを抜いて、それ(犯人)を当てるゲームです。

抜いたカード以外は配り切って、

手番が来たら、時間や場所などの手がかりカードを選んで、

時間または場所のカードの枚数を任意の人に質問ができます。

それを専用の用紙でメモを取ります。

それを繰り返していき、だれよりも早く犯人を当てる。

特殊カードを使って、ピンポイントに質問ができたり、

うそを答えたりもできます。

 

私はこのゲームは弱いです。

メモの取り方が下手なのかなー?

でも頭の使い方としてこのゲームは好きなんです。

弱いけど。苦手だけど。

 

ゲームシステムとしてシンプルに1枚抜くだけなのに、

こんなに面白いなんて。

 

じっくり考えるゲームなので、頭が疲れてないタイミングで

やるといいと思います。

わいわいというよりは静かにじっくり系です。

続きを読む
閉じる
161
名に参考にされているレビュー
2019年01月08日 16時31分


一言でいうと論理思考ゲームです。

他のゲームでいうと、CLUEなどに近いかと思います。


他のプレイヤーに質問をしてアリバイを探っていくのですが、

対象は誰でも良い為、1人に偏るとその人が不利になってしまいます。

その点を「質問を受けたらコインが貰えて、それを消費することで特殊効果が使える」

という要素を加えることで解消しています。


CLUEのように移動が無いのでサイコロの出目に左右されることはなく、

より論理思考が純粋に楽しめるかと思いますが、

逆に言えば運要素がほとんど無い為、得手不得手の差が如実に現れるかと思います。

続きを読む
閉じる
157
名に参考にされているルール/インスト
2019年01月08日 16時21分

とある温泉宿で殺人事件が起きました。

その犯人、現場、犯行時刻を当てることがゲームの目的です。


アリバイカードなるものが16枚あります。
ゲーム開始時にこの中から1枚を見ずに抜き取ります。

これが存在しないアリバイ、つまりは当てるべきカードということになります。

残りの15枚を各プレイヤーに配ります。

自分の手札となるこのカードは完全に把握できるアリバイということになります。


その後、自分の手番で他プレイヤーに対し、質問を行います。

例:12時のカードを何枚持っていますか?など


聞かれたプレイヤーはそれに対して答えます。

特殊な場合を除き、そのやりとりは他のプレイヤーにも聞こえていますので、

共有の情報ということになります。

自分の手札、自分の聞いた情報、他人の聞いた情報を元に、見えないアリバイを潰していき、

最終的に存在しないアリバイが判ったら開始時に抜き取ったカードを確認し、

正解していれば勝利、万が一間違っていたら脱落となります。

続きを読む
閉じる
136
名に参考にされているレビュー
2018年11月03日 13時13分

4/10

推理系ゲームがそこまで好きじゃない人の評価です。

論理系パズルはそんなに嫌いではないと思っていたし、推理ゲームは好きではないけど、嫌いでもないと思っていたが、このゲームは全然合わなかった・・・。

おそらく、こうやって考えるみたいな王道の方法が理解できてなかったからだと思うが、参加者が全員、そういうのが好きだったり得意だったりするメンバーで遊ぶべきゲーム。

あとは、人に質問すると、その人はコインをもらうことができるのだが、そのコインがないと特殊能力が使えない。

つまり、質問されないと、特殊能力が使えないのである。

ただ、誰に質問するかは自由なので、プレイによって、特定の人に偏る可能性もある。

あとは、キャラクターの顔が怖くて、気分が盛り上がらない笑

でも、推理ゲームが好きで、こういう雰囲気なのも知っているから、好きな人は好きなんだと思う。

というわけで、好みがはっきり分かれるタイプのゲームなので、プレイする前はしっかり遊ぶメンバーを選ぼう。

続きを読む
閉じる
132
名に参考にされているレビュー
2017年08月14日 00時03分

潜水艦ゲーム的に表を埋めていく推理物。

それぞれのプレーヤーが誰かに質問をしていき、公開された情報をメモって、整合性を合わせて誰がどのカードを所持しているかを特定し消去法で犯人カードを推測します。

各自がプレーヤー分の表を持ってメモをするのが良さそうです。

結構、時間がかかる事に注意。


続きを読む
閉じる
64
名に参考にされているリプレイ
2018年12月04日 19時20分

2018.03.17 立川

Jerry Jerry cafe

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,800(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 97興味あり
  • 418経験あり
  • 73お気に入り
  • 281持ってる

チェックした商品