マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 90分前後
  • 12歳~
  • 1991年~

W W2/ワールドウォー2Bluebearさんのレビュー

194
名に参考にされています
2018年06月03日 22時06分

翔企画が90年代初期、ウォーゲームの衰退期に出した、第2次世界大戦における5大列強の世界規模の支配競争を描いたマルチウォーゲーム。

90分程度で、世界規模の攻防を、初心者にも手軽に体験できるボードゲーム としては貴重な存在だと思います。

陣営は、ドイツ、ソビエト、イギリス、アメリカ、日本の5つ。

エリア式の全世界マップ上で、生産拠点を持つ地域の確保に向けて、この5大陣営がしのぎを削る事になります。

ルールはシンプル、オーソドックスなもので、初心者にも充分ですが、特徴的なルールとしては、『作戦コマ』というものが軍事ユニットとは別にあり、毎ターンの生産力を消費して、各軍ともこれをいくつか生産します。

これは一切ボード上には配置されず、全員の作戦コマをまとめて袋に入れ、ランダムにこれを1枚ずつ引いて手番とするのです。(つまりたくさん作戦コマが入っていれば、より多くの手番が回ってくる、というわけですね。順番は神様しだいですが…笑)

これがかなり面白くて?、陸海空軍ユニットをどんなに生産しても、肝心のこの作戦コマがなければ自分の手番が回って来ません。

かといって、作戦コマばかり作っても、メインとなる戦力が無ければ侵攻も防衛も弱体化してしまいます。

このバランスがジレンマとなってプレイヤーを悩ませます。

軍事作戦の展開能力を表す、単純ですが良いルールですね。

もちろんマルチですから、同盟も裏切りも自由です。

最近はこういうパワーバランス系のボードゲーム が少なくなり寂しい限りです。

「敵の敵は味方である」という言葉が身にしみる地政学的なぶつかり合いと、歴史の趨勢を決める決断を、たまには大人としてじっくり楽しみたいものです。

全国のオヤジゲーマーさん、そう思いませんか?(^^;)

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Zauber tieger
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 4持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルW W2/ワールドウォー2
原題・英題表記WW2
参加人数2人~5人(90分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1991年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン中黒 靖(Yasushi Nakaguro)
アートワーク未登録
関連企業/団体翔企画(Sho-Kikaku)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク