ウボンゴ 3Dよっしーさんのレビュー

57
名に参考にされています
投稿日:2017年03月20日 16時14分

少し値段はしますが、3Dの価値はあります。立体的であることが、これほどまでにもゲーム性を高めるとは!

これはパズル脳が必要なゲームですので、苦手な人が一人でもいるとシラケますが、得意な人同士がやると、かなり盛り上がります。

とりあえず、いきなりゲームを始めずにに、こんなパズルできる?という遊び的なノリからスタートするのがお勧め。

  • 興味ある(40人)
  • 経験あり(135人)
  • お気に入り(56人)
  • 持ってる(64人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
コンセプトテーマ
コンセプトテーマ未登録
メカニクス
会員が付けたタグ
タグ未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルウボンゴ 3D
原題・英題表記Ubongo 3D
参加人数2人~4人(30分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイングルゼゴルツ・レヒトマン(Grzegorz Rejchtman)
アーティスト未登録
メーカー/販売コスモス(KOSMOS)

ウボンゴ 3Dのレビュー

  • 126
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月13日 14時49分

    ウボンゴ3Dは伊達じゃ無い! ウボンゴ3Dに興味がある人はほとんどが「ウボンゴ」や「ウボンゴ:エクストリーム」で楽しんだことがある人達だと思います。しかし、そのノリでこのゲームを始めるとその難易度に驚愕することでしょう。ルールはいたって簡単で、指定された積木で2段ピッタリにマス目の形に当てはめるというものです。初めてプレイするとなかなか完成させられず戸惑うでしょう。でも、だからこそ完成できて「ウボンゴ!」と言えたときの喜びはウボンゴ(+エクストリーム)の比ではないと私は思います! 値段が高いのが難点ですが、その価値は十分にあるゲームだと思います。

    続きを読む
  • 63
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月01日 18時25分

    カードには10通りのパーツが描かれています。
    ダイスを振って何番目のパーツを使うか決めたら、砂時計スタート。
    カードに描かれた枠内、上二段までという制限で全てのパーツを積みあげなければなりません。
    完成したら元気よく「ウボンゴ!」と叫びましょう。
    意外と自分が苦手とするパーツがあったりして、どうしても解けない!ことがあります。
    そんな時は砂時計関係なく解けるまでやりたくなっちゃうこのゲーム。
    1人でパズルとして遊んでも楽しそうです。

    続きを読む

よっしーさんのレビュー

会員の新しい投稿