ライツよっしーさんのレビュー

75
名に参考にされています
投稿日:2017年03月20日 13時18分

デザインの著作権とか、権利とかの説明があっても、ゲームの内容には全く関係ない。カードもチップも小さくて扱いづらく、特にチップは箱に詰めにくい上に、丸くて転がっていくので、使わないで大きめのチップを代用しています。オインクさんはコンパクトさを目指すあまり、こういう欠点も併せ持つ(マスクマンとか小早川)。

しかし、内容は素晴らしい。何度やっても飽きないし、スピーディーに進む。最後に手札も加算されるというシステムが、ゲームにドラマを生んでいる。

普通にカードゲームとして良くできてます。オインクゲームで一番好きです。こんなに傑作なのに、あまり知られていないのはなぜだろう?

3~5人と書かれているが、お勧めは3人。4人だと対面する相手と合わせてしまう傾向になるし、5人だと狙いがバラけて戦略制が失われます。

  • 興味ある(13人)
  • 経験あり(51人)
  • お気に入り(6人)
  • 持ってる(48人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
作品データ
タイトルライツ
原題・英題表記Rights
参加人数3人~5人(10分~20分)
対象年齢9歳から
発売時期2015年~
参考価格2,376円
ゲーム属性の評価ログインで評価可能
運・確率2
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
メカニクス
クレジット
生まれた国未登録
ゲームデザイン未登録
アーティスト未登録
メーカー/販売オインクゲームズ(Oink Games)

ライツのレビュー

  • 68
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月27日 21時38分

    数字と絵柄の描かれたカードをコインで競っていくゲームです。
    5〜10の数字と模様が書かれたカードがあり、数字と同じ枚数があります。
    そのカードをより多く集めた人が、その絵柄の所有権となり、ゲーム終了時に、他のプレイヤーが所有権の無いカードを持っている場合、所有権を持ったプレイヤーにコインを支払わないといけません。
    つまり、多く枚数を集めたいが、もし集めれなかった場合、使用権(コインの支払い)が加算してしまい、自分の手持ちが減ってしまいます。
    単なる競りでなく、所有権、使用権と、プレイヤー間のやり取りが加わることで、競りゲームにプラスアルファの駆け引きが生まれています。
    デザイン...

    続きを読む

よっしーさんのレビュー

会員の新しい投稿