マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 10分~15分
  • 10歳~
  • 2018年~

妹が多すぎる。Bluebearさんのレビュー

255
名に参考にされています
2019年01月22日 14時34分

もともとこの本家に当たる『シンデレラが多すぎる』は興味があって、いつか購入しようとずっと思っていながら、なかなかタイミングが合わず、後回しにしておりました。(4人まで用って、メンツの人数的に出番がないんですよ)

そんな時、たまたまショップで見かけたのがこの文庫付属の特装版で、両方を見比べて正直だいぶ迷いましたが、ネタとしてこちらのほうがウケるかな…?という不健全な理由と、もしかしたら希少価値をもつかも…?という不埒な理由でこちらを選択。

ちなみに私自身は、原作の「妹だけいればいい」はラノベもアニメも全く知りません。ごめんなさい。

とりあえずさっそく興味を持ちそうなグループの女性陣を集めて披露したところ、案の定「どの子がかわいいか?」という好み談義、妹談義で、ゲームそっちのけで盛り上がる(笑)。

こうして気分が乗ったところでいざプレイ!

妹候補となるカードは全部で18枚あり、各自に4枚づつ配るので、2枚だけ登場しないキャラクターが出る仕掛けです。

手札には「妹キャラ」の女の子イラスト(たまに男の子や、おばちゃん、さらにはおっさんなんてのも混ざっています!)と妹候補としての優占順位(1が最強で、数字が大きくなるほどへんてこなキャラクターになってきます。18番は…まあ見てください、笑)、そしてその子の「特徴」が書かれています。

主要な特徴は「巨乳」「普乳」「貧乳」の区別!(まずこの時点でアホゲーですね)や、年代、ネコ派かイヌ派か?とか、エビ派かカニ派か?とかです。各手番には4枚の手札のうち2枚(2回転するわけです)は、どんな妹なのか証言するカードとして使います。

そこには「Not貧乳」とか「Not Adult」とか「Not ネコ」とか書かれているので、これを次々に「証言」として出していき、条件にあてはまる妹を制限していきます。(各自1回だけ、チップによる拒否ができます。これの使いどころを考えないといけません。)

そうすると最後に2枚の候補が残るので、条件に合う妹カードを1枚だけ一斉に公開して、より優先順位が高い妹を擁立できたプレイヤーの勝ち!となります。

「え~、私どの子を残せばいいのか全然分からない~」

「こっちも最初っから条件が積んでるんですけど…」

と、ちゃんと出し方を良く考えないと、思ったより組み合わせは複雑で、悩みます。(テキトーに出したら、あら勝っちゃった!とは絶対にならないゲームですね。)

1回ある拒否権で、自分の証言を否定することもできるので、それも含めて論理的によく考えないと出し方がつかめません。

慣れるまでこれがこのゲームの壁かも…と思いました。(もっとノリ重視のイロモノ的ゲームかと思っていました。)

「ううううん、悩むけど…じゃあこれ出します。妹は『巨乳』じゃない!笑」

「え~、私は巨乳派なのに~」

「〇〇〇ちゃんの好みの話じゃな~い!笑。…とか言ってる場合じゃない。条件きついなー」

「じゃとりあえず判定ね。(各自チップを伏せて出し)せーの、はいっ!」

「あ~!△△△ちゃんだけ『No』だ!△△△ちゃんは『巨乳』じゃないと。笑」

「(ボソッと)…どうせ私は貧乳だし」

「そういう話じゃな~い!爆笑」

と、終始ガヤガヤと進む楽しいプレイとなりました。

ゲーム時間も慣れれば10分程度なので、重いゲーム前後に入れるにはちょうど良い感じです。

ただし、前述したように、思ったより論理的な組み合わせを要求されるので、一手ごとにキャーキャー騒ぐ、という展開にはなりませんでした。

また最初の手札しだいでは、どうしようもないときはどうしようもない感じです。

その辺を理解したうえで、笑ってプレイできるなら良いゲームですね。

ちょっとパッケージがアレで、外部で出すのはちょっとためらうので、本家「シンデレラ」のほうが良かったかなあ…とちょっと悩んでしまいました。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 18経験あり
  • 4お気に入り
  • 31持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル妹が多すぎる。
原題・英題表記Too Many Sisters
参加人数2人~4人(10分~15分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク