マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2016年~

大いなる狂気の書硝酸さんの戦略やコツ

444
名に参考にされています
2017年06月06日 22時31分

【難易度について】

3段階の難易度のうち、一番難度の高いもの(Ⅲ)が実は攻略し易い。

というのも、序盤は初期デッキのおかげで単色呪いの破壊が非常に難しい。

低難度だと、1巡目から呪いの効果を受けなければならなくなるのだ。

高難度では、1巡目の呪いの効果を破壊で回避し易く、同時に呪い破壊ボーナスによるデッキ強化ができる。

デッキ強化ができれば、単色破壊がしやすくなる。


【人数について】

2人がクリアし易い。

1人は呪い破壊、もう1人がサポーター(もしくはお荷物)。

どちらがどちらの役割になるかは、状況次第。

うまく強化されている方がアタッカーになれば良い。


色で役割分担はしないこと。

デッキ内の色が偏ると、

・中盤~終盤に4色破壊ができなくなる場面が出てくる。

・書のページによって、役立たずになるプレイヤーが出てくる。

・プレイヤーの順番によって、呪い効果を食らう前の破壊がしづらくなる。

といったデメリットがある。


多人数だと、デッキ強化の機会が分散してしまうので、単色呪いの破壊ができない場面が増える。

少人数だと、大人数時に比べて効果が弱まる魔法があるので注意。


【その他】

隙あらば、有用な上位魔法がないかどうか、魔法を習得してオープンしていくこと。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
大いなる狂気の書
大いなる狂気の書の通販
恐れを知らぬ者よ、開くがよい!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,380(税込)
硝酸さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 245興味あり
  • 277経験あり
  • 62お気に入り
  • 195持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力17
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘6
アート・外見6
作品データ
タイトル大いなる狂気の書
原題・英題表記The Big Book Of Madness
参加人数2人~5人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格6,260円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

硝酸さんの投稿

会員の新しい投稿