マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

大いなる狂気の書The Big Book Of Madness

レーティングの登録/分布

  • 大いなる狂気の書の画像
  • 大いなる狂気の書の画像
  • 大いなる狂気の書の画像
  • 大いなる狂気の書の画像
  • 大いなる狂気の書の画像
  • 大いなる狂気の書の画像

地下に眠る『大いなる狂気の書』から放たれる呪いを封印しよう!デッキ構築システムと協力システムの絶妙なバランス

プレイヤーは好奇心旺盛な魔法学校の生徒として、決して開いてはいけないと言われる『大いなる狂気の書』を開いてしまうところから、物語は始まります。生徒達は、放たれるモンスター達の「呪い」を解くために、それぞれのキャラクターが持つ特殊能力を使いこなしながら、火・水・風・土を元素とした魔法を習得していきます。

始める前に、プレイヤー達はキャラクターを選びます。火・水・風・地それぞれに特化している × 男女。計8種類のキャラクターは、それぞれ特殊能力が異なっています。事前に誰がどれを使うかを相談しながらパーティを組む(ルールブックでも推奨されている)のは、珍しいシステムです。

ゲームは、5ターン×6ラウンドの全プレイヤー合計30回の手番で終わるようになっています。2人でやれば15回ずつ、3人でやれば10回ずつ手番が回ってきます。

ラウンドが進むにつれ、だんだん呪いが増えていきますが、1〜5ラウンドまでは、敢えて呪いを受けるのか、呪いの全解除を目指すかは、プレイヤー達の戦略次第です。全員で勝つか、全員で負けるか、どちらかしかないので、真剣に作戦を立てていくあたりはこのボードゲームの魅力の1つです。

最終的に6ラウンド目の呪いを全て解くことが出来ればプレイヤーチームの勝利となります。

スタンドプレイでは勝つことが難しいバランスとなっており、豊富に用意されているサポート魔法、サポートアクションで助け合いながら、仲間達と勝利を目指していく必要があります。

システムは、かなりざっくり言うと『協力型ドミニオン』です。デッキ構築・デッキ圧縮などの感触はほぼ一緒ですが、
・敵はモンスター、プレイヤーは仲間
・山札が枯れるたびに『狂気カード』を引く
・狂気を貯めすぎると途中で脱落する
・仲間へのサポートアクションが豊富
あたりが大きな違いになります。

仲間達からアドバイスしてもらいながら進められるので、相談歓迎型ドミニオンという感覚もあり、ドミニオンが苦手な方も楽しんでプレイできるボードゲームかなと思います。

ちなみに、2人〜5人のボードゲームですが、2人で遊んでも5人で遊んでも、バランス崩壊することがありません。非常によく出来ていると思います。

協力型が好きな方、協力型をあまりやった事がない方にオススメしたい作品です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
大いなる狂気の書
大いなる狂気の書の通販
恐れを知らぬ者よ、開くがよい!
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,380(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 280興味あり
  • 346経験あり
  • 79お気に入り
  • 253持ってる
テーマ/フレーバー
世界観/基本テーマ
ゲームの基本目的
その他のコンセプト
作品データ
タイトル大いなる狂気の書
原題・英題表記The Big Book Of Madness
参加人数2人~5人
プレイ時間60分~90分
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格6,260円
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人0
9点の人0
8点の人0
7点の人3
6点の人0
5点の人1
4点の人1
3点の人1
2点の人0
1点の人0
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力18
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘6
アート・外見7
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 8件

171名
3名
画像
充実
魔法学校の生徒が『大いなる狂気の書』のモンスター達を倒すために、みんなで協力して元素カードの魔法で呪いを解く、デッキ構築協力ゲームです。カードを組み合わせて本のようにして、実際に狂気の書をめくるようにプレイするのが楽しいです。ゲームの流れは、魔法使いのキャラシートに裏の早見...
続きを読む(12ヶ月前)
勇者
YUSSA(ユッサ)
YUSSA(ユッサ)
222名
1名
【ゲーム概要】魔術書から逃げ出した魔物を捕獲する協力型デッキ構築系カードゲーム。狂気に陥らずに、一番最後に出てくる魔物を捕獲できればプレイヤーの勝利。魔物を捕獲するためには、制限ターン内に魔物の出した呪いを全て破壊する必要がある。【今回のプレイ人数&時間】二人プレイ...
続きを読む(1年以上前)
勇者
ものずきモノスキー
ものずきモノスキー
442名
3名
充実
大いなる狂気の書と書いていますが、クトゥルフではありません。魔法学校の生徒が魔物が封印された本を開いてしまったので、子供達で色んな魔法を駆使して飛び出した魔物達を倒そうと言う話です。ハリーポッターの世界観に近いゲームですね。協力ゲームで、難易度は1~3までありますが1でも難...
続きを読む(2年以上前)
勇者
ただのボドゲ好き
ただのボドゲ好き
428名
1名
―普段ボドゲをやる人が集まってやるのに丁度いい重量、難易度。―このゲームは難易度がよく噂になっているが、ゲーム難易度の設定が丁度よいとつくづく思わされる。手を抜けばすぐにクリアから遠ざかるが、気を抜かず頑張ればきちんとクリアできる難易度。説明書の最後らへんに書かれている追加...
続きを読む(4年以上前)
皇帝
硝酸
硝酸
502名
0名
協力型のゲームなので初心者の方がいても一緒に戦略を考えられるってところで参加するハードルは低いと思います。ゲーム難度を上げると、かなりの難度になります。参加者が役割分担上手くしていかないと、結構キツイです。ある程度、悪魔討伐を諦めて行くのも戦略としてアリかもと思ってしまいました。
続きを読む(6年弱前)
大臣
笑入道
笑入道
543名
0名
これはなかなかハードゲー。ドミニオン慣れしてる人達でプレイ、強化うまく出来た人にサポートアクションしまくったらクリアできた。全員最強のデッキを目指すと難易度普通でもクリア難しいと思う。途中まで順調だったのに毎回ラスボスで負けてしまう人達は、かなり意識的に役割分担してみるとい...
続きを読む(6年弱前)
皇帝
48面ダイス
48面ダイス
538名
0名
充実
このゲームはデッキ構築型協力タイプのボードゲームです。狂気という単語からクトゥルフに近いものを予想していましたが、魔法学校というファンタジーな世界観。協力型なので熟練者と初心者が一緒に遊べる点と、2人〜5人でプレイ出来るのが個人的にはとても嬉しいですね。4人プレイと2人プレ...
続きを読む(6年弱前)
仙人
まま
まま
412名
0名
高難易度協力型モンスター討伐ゲーム。プレイヤーは魔法学校の生徒。ただし、封印された魔道書を使ってテストを切り抜けようとしたダメ生徒。ところがどっこい、その魔道書にはモンスターが封印されていた!プレイヤー同士で協力し、モンスターを倒していく。失敗すると呪われる。一度でも呪いを...
続きを読む(6年弱前)
大賢者
きのこ
きのこ

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 2件

505名
1名
充実
【難易度について】3段階の難易度のうち、一番難度の高いもの(Ⅲ)が実は攻略し易い。というのも、序盤は初期デッキのおかげで単色呪いの破壊が非常に難しい。低難度だと、1巡目から呪いの効果を受けなければならなくなるのだ。高難度では、1巡目の呪いの効果を破壊で回避し易く、同時に呪い...
続きを読む(4年以上前)
皇帝
硝酸
硝酸
303名
1名
ネクさんのボドゲ戦略2。大いなる狂気の書。ます、プレーヤーの役割はしっかり分担しておく方がいい。2人なら攻撃とサポート、3人なら真ん中が攻撃、他二人がサポートメインだとよい。4人だと攻撃2サポート2で、サポート攻撃サポート攻撃の順かな。後半の攻撃側が片寄って3人目くらいには...
続きを読む(5年弱前)
大賢者
ネクロス
ネクロス

ルール/インスト 1件

57名
1名
画像
拡張セットと混ぜてしまうと元の状態がわからなくなるため、初期状態を記録しておきます。■魔法使い8枚■魔導書16枚(最終ページは1枚しかないので割愛)拡張セット側の情報はこちら
続きを読む(5ヶ月前)
大賢者
clevertrick
clevertrick

掲示板 2件

  • taashiさんの投稿
    カードサイズ、スリーブ

    カードサイズは、全部で4種あります。小さい順に1) 44.0 * 63.0 で、171枚2) 63.0 * 88.0 で、48枚3) 75.0 * 75.0 で、56枚4) 88.0 * 120...

    0件のコメント137ページビュー12ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ
  • ぽっくりさんの投稿
    呪いのカードの置き方

    身の回りで解釈が2通りになる箇所がありました。日本語ルールブックには「スペース3には呪いが2枚配置できる点に注意!」という表記があります。これは置かなければいけないのか、置かなくてもよいのか、周...

    2件のコメント1219ページビュー6年弱前

会員の新しい投稿