マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 30分前後
  • 13歳~
  • 2014年~

ルーム25松尾直樹(なおぶ@AHC)さんのレビュー

305
名に参考にされています
2016年05月26日 00時45分

本ゲームもボードゲーム経験のない一般人の友人を引きずり込むのに最適なゲームの一つです。
シチュエーションが映画的で説明が分かり易く、ルールも簡単なので、非常にとっつき易いです。
閉鎖空間からの脱出は、とにかく生き残りたいというモチベーションをプレイヤーに与えてくれるため、感情移入がし易く、初心者でもゲームに入り込みやすいでしょう。

ゲームのルールなどは、ゲーム説明にちゃんと書いてありますし、他のレビューでも詳しいので、私のレビューでは、割愛します。

本ゲームの面白さをまとめました。
・行動を事前プロットするので、他プレイヤーの行動によって、思惑と外れた行動しかできなくなる可能性がある。そのため、行動順番を意識し、無駄な行動にならないようにして脱出までの手順を詰めていく必要がある。この頭の使い方は、パズルのようで面白い。
・もし、想定外となっても、そこで最善手となる対応を考えるのも楽しい。
・ターン数での行動回数制限があるため、脱出を成功させるためには全ての部屋を確かめて進むわけにもいかないので、ある程度リスクを冒す必要がある。その選択が悩ましくて面白い。
・スパイが混ざる可能性のあるモードが私の一番のおススメ。スパイは正体を公開すると行動が事前プロット制ではなく、行動種類を自由に選べるので、いつ公開するかが悩ましい。プレイヤーを一人葬り去る千載一隅のチャンスをものにするのか?終盤ぎりぎりまで正体公開を我慢するか?
・スパイではないプレイヤーもいつ裏切られるか分からないため、疑心暗鬼な中で行動を決めるところにスリルがある。
・上手く協力して、スパイを即死エリアに叩き込んで殺した時の爽快感。
・全滅を避けるため、プレイヤー1名を囮にして、その死を犠牲にして脱出したりと、映画っぽいドラマやストーリーを生み出すことも楽しめる。
・キャラクター毎の特殊能力などはないが、それぞれ映画に出てくるような典型キャラなので、軽くロールプレイしながら遊ぶととても楽しい。
・特に終盤、助かるために必要な詰将棋のような検討が熱い。

と面白い要素がたくさん詰まっています。

使用タイルによって、難易度を変えることが出来るので、初期の難易度低めの設定から、ゲームの習熟度に応じて難易度を上げていける工夫は、リプレイ性を高める方法論として非常に有効に働いています。

一点だけ注意点。協力ゲームにありがちなのですが、後半勝ち筋が煮詰まってくると、他のプレイヤーの行動の一つ一つを指示し始めるルーム25奉行のようなプレイヤーが出現することがあります。
ゲームそのものに勝っても、面白くない。うざい。という事につながるので、そうなりがちなプレイヤーは意識して自分をコントロールして下さい。

せっかく、ボードゲームの魅力を知ってもらおうと選んだゲームで、初心者が「ガチボードゲーマー、引くわー」と目的と真逆な方向にならないように、くれぐれもお気を下さい。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 102興味あり
  • 368経験あり
  • 75お気に入り
  • 213持ってる

松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク