マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 30分前後
  • 6歳~
  • 2008年~

ディクシット松尾直樹(なおぶ@AHC)さんのレビュー

172
名に参考にされています
2016年10月20日 22時45分

ドイツゲーム大賞を取っている定番ゲーム。ロジックや確率論がメカニクスのベースになっているゲームは多いですが、ディクシットは、とっても珍しく右脳をふんだんに使います。右脳と左脳、イメージ野と言語中枢を行き来するゲーム性は、突き抜けてユニークです。


親プレイヤーが、配られたカードから1枚選んで場に裏向きで出すとともに、タイトルを出し、そのタイトルに合うと思われるカードをその他のプレイヤーも、自分のカードから選んで場に裏向きで出します。それをシャッフルして並べなおし、親以外のプレイヤーは親の出したカードを当てます。当たったプレイヤーはポイントになり、自分が選んだカードが他プレイヤーから選ばられたらポイントになります。親は、自分のカードが選ばれないとポイントになりません。

そのため、親は、なるべく当てられないけれども、かといって全員外れないギリギリのタイトルを狙っていくことになります。親は順番に持ち回り、一定の点数を取ったプレイヤーが勝利します。

何回遊んでも、不思議なことに1ゲームだけではちょっと物足りないぐらいの感覚になるのは、私だけでしょうか?とにかく、そんな気持ちになっちゃうほど、面白いゲームです。

プレイヤーの年齢、性別を問わずで、インストも簡単、アーティスティックで素敵なイラストカードから来るオタクっぽくないオシャレ感、とにかくほとんど外れることがなく、楽しめるゲームなので、初心者をボードゲームファンに引き込むのに最適な一品でしょう。

但し、イメージを言葉や連想して結びつけることが苦手な人や、曖昧さや感性より、ロジックやアブストラクトっぽいゲームが好きな人は、お口に合わないかもしれません。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 268興味あり
  • 1146経験あり
  • 381お気に入り
  • 747持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力8
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ26
攻防・戦闘0
アート・外見38
作品データ
タイトルディクシット
原題・英題表記Dixit
参加人数3人~6人(30分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク