マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2016年~

八人の魔術師松尾直樹(なおぶ@AHC)さんのレビュー

280
名に参考にされています
2016年10月07日 09時59分

プレイヤーは魔界の貴族で、自らの手先として魔術師やモンスターを呼び出し、他の貴族(相手プレイヤー)を倒し、魔界を制覇するための魔石を奪うというのが対戦の背景となります。

カードは1プレイヤー魔術師8枚、モンスター12枚の20枚を使用します。
対戦の進め方は、第一戦は5枚選び、勝敗は5人の団体戦のように1枚ずつ着けていき、勝ち数が多い方が勝ちになります。
第二戦は使用していない15枚から5枚。第三戦はさらに残りの10枚から5枚。第四戦は最後の5枚を使って対戦となるため、全カードを使うことになります。
各戦で、魔石(1点の勝利点)をかけますが、1つだけ2点の魔石があります。そして勝敗はゲーム後、魔石の点数が高い方が勝ちとなります。
したがって勝率を上げるためには、ただ一戦ごとに勝つことに集中するのではなく、4戦を通じて、1デッキ5枚の4回をどのようなバランスで組むか?

では、プレイヤーとして面白い所をまとめます。

・出すカードには先攻(先にカードを出す)後攻(出されたカードに対してカードを出す)や出す順番によってコンボ的な効果もあるので、5枚の手札選択が悩ましい。
・4戦の構成をどのようにするか戦略も悩ましい。あえて弱いカードを集めて、1戦落とし、3戦勝つといった戦略も考えられる。
・各戦の5枚をどういう順番で出すか?1枚ずつ選択肢が減っていく中で、先攻側のカードに対してどのように対応するか?
先攻を取った場合に、どのカードで攻めるか?といった戦術選択も悩ましい。
・使用したカードは明らかになるため、相手が何を持っていて何を持っていないか?というのは終盤には100%分かる展開になる。
特に第三戦の手札選択は、相手の残りカードを考慮して選ぶ必要があるため、悩ましい。

と、戦略面、戦術面と複合的に悩めるポイントがあるため、とても深い味わいのある対戦ゲームになっています。

次にデザイナーとして感心した所をまとめます。
・パッケージアートワークカッコいい。8人の魔術師を表す8本の杖とロゴと雲海。
・20枚のカードを無駄なく使い切っているところ。
・もちろん選んだ作戦の成否には、運要素も感じると思うが、同じ能力のカードの選択や出す順番によるので自己責任。思考の深さや読みといった実力もちゃんと出る。
・プレイヤーとして行うことは、カードを2回選択すること(手札5枚と勝負の1枚)、賭ける魔石を選ぶという非常にシンプルだが、悩ましいゲーム性。
・1ゲームそれほど時間がかからず、対戦によって学ぶこともあり、負けてももう一回!とリプレイ性が高い。

と、とても良く出来ていて面白い対戦ゲームです。ゲーム会などで、人数が集まるまでの間や2人でボドゲカフェに入って相席待ちの間など、是非遊んでみて下さい!
人数が集まったら、トーナメントやリーグ戦等も面白いかもしれませんね!他おススメゲームは、なおぶのインディーズゲームレビューと称して下記ブログでまとめていますので、ご興味がありましたら!

http://ahcahc.com/category/blog/なおぶのインディーズゲームレビュー/

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • アッサム
松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 44興味あり
  • 32経験あり
  • 13お気に入り
  • 36持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル八人の魔術師
原題・英題表記8 Wizards
参加人数2人用(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインかぶきけんいち(Kenichi Kabuki)
アートワーク未登録
関連企業/団体ゲーム NOWA
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク