マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~60分
  • 12歳~
  • 2018年~

レイクホルトNobuaki Katouさんのレビュー

305
名に参考にされています
2019年07月01日 17時21分

 コロコロ堂で、4人でプレイした感想です。

 アグリコラやパッチワークをデザインしたウヴェ・ローゼンベルグによるアイルランドのレイクホルトで野菜を温室栽培して、観光客に振る舞うゲームです。

 ゲームは、観光客に野菜をどこまで提供したかを競って、1番野菜を提供したプレイヤーの勝ちとなります。

 育てる野菜は、価値の低い順にトマト、レタス、キノコ、カリフラワー、ニンジンの5種類で、育てるための畑をワーカーを置いて畑を取ります。

 その畑も3〜6個まで野菜が植えられ、価値の高い野菜は植えられる数が少ない畑となります。

 ルールの詳細は、ルール欄の動画で詳しく紹介されているので、そちらをご確認ください。


 4人でプレイした感想ですが、ワーカーは3人固定かつワーカーの食料は不要なので、かなりパズルチックな感じでした。しかし、やりたいことが微妙にギリギリできない感じは、ウヴェ様の他のワーカープレイスメントゲームにそっくりです。

 野菜を育てて、観光客に野菜を提供する量が段々と増えていき、それを何とかするためにあれもやりたいこれもやりたいなること請け合います。

 また、特殊な支援カードもあり、カードを共有すれば隣の人と一緒にその効果を使えるなど、一風変わった工夫もあります。

 なお、最終的に得点を計算するのではなく、観光客に野菜をどれだけ提供したかなので、順位も楽に分かりやすいです。

 ゲーム自体はさまざまなジレンマに悩まされますが、プレイ感は今までのウヴェ様のゲームの中では軽く(ただし、ゲーマーズゲームです)、時間もそれほど掛からずできます。

 シナリオなども用意されているので、繰り返しプレイしたくなるゲームだと思います。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ggjhhi
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 71興味あり
  • 111経験あり
  • 21お気に入り
  • 80持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルレイクホルト
原題・英題表記Reykholt
参加人数1人~4人(30分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク