マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アールライバルズR-Rivals

王座に即くのはどちらか。相手の心を読む1対1の勝負!!

先王が崩御し、混迷の中にある王国の後継者となるのは赤の王子か青の王子か。
単純な数字勝負の中にもそれぞれのカードの能力が光る2人用お手軽カードゲームです。

プレイヤーは0~7の数字が振られたカード1枚ずつを手札として所持します。
カードの内容は互いに同じ。これを1枚ずつ同時に公開して勝負をします。
基本的には数字が大きい方が勝利します。先に4回勝負に勝ったプレイヤーがゲームの勝者です。

ただし、8枚のカードそれぞれには異なった能力が与えられており、
「数字の大小を逆転させる」や「次の勝負で相手に先出しさせる」など、単純な数字勝負にはならない工夫があります。
特に『姫』は「相手が『王子』を出した場合 即座にこのゲームに勝利する」という一発逆転の要素が盛り込まれており、出しどころを探り合う心理戦も楽しめるでしょう。

最長でも8ターンで勝負が決してしまうこのゲームですが、
14種類ものオプションルールが記載されており、飽きのこない工夫も施されています。

コンパクトなパッケージ、2人用、5分~という手軽さ。
ルールも単純で初心者には最適。カバンに忍ばせておくにはもってこいの作品ではないでしょうか。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ゐ
マイボードゲーム登録者
  • 139興味あり
  • 743経験あり
  • 148お気に入り
  • 673持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力21
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ24
攻防・戦闘1
アート・外見7
作品データ
タイトルアールライバルズ
原題・英題表記R-Rivals
参加人数2人用(3分~8分)
対象年齢10歳から
発売時期2011年~
参考価格1,200円
クレジット
ゲームデザインカナイセイジ(Seiji Kanai)
アートワーク杉浦 のぼる(Noboru Sugiura)
関連企業/団体キュービスト
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 11件

  • 129
    名に参考にされています
    投稿日:2020年11月22日 12時28分

    ラブレターを制作されたカナイセイジさんの作品ということで、よく比較されますが、個人的には別ゲーだと思っています。まぁ中にはラブレターで良いじゃん!って人もいると思うけど、2人でやるならラブレターよりこっちの方が好き。カイジのEカード並の心理戦が手軽に味わえます。R-rivalsを心理戦とするならば、ラブレターは論理戦。どっちも楽しいし、どっちの方が良いとかは無いかな。強いて言うと多人数ならラブレター、2人ならこっち。色々ヴァリアントルールも記載されていて、それらを採用して遊ぶのも楽しそう。まだやってないけど…。王子(最強カード)を姫で刺せた時はしてやったり!みたいで気持ち良いですよ!

    山田さんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 193
    名に参考にされています
    投稿日:2020年11月10日 16時15分

    今まで試してみたゲームの中で1プレーが最も短いゲームでしたが、以上に良い経験でしたのでレビューを記載することにしました。ゲームの遊び方:先ず、「Rivals」は対戦のカードゲームですので、二人専用です。各プレイヤーは「0」から「7」までの8枚のカードをもらい、毎ターンに1枚を選択して相手と対戦します。強いカードの勝ちとなって、4回勝ったらゲームを勝利するというとても簡単なゲームです。しかし、それだけならカード・ゲームとしては全然面白くないでしょう。そこで、全てのカードに「数字」に加えて描いているキャラクターの「パワー」が記載されています。例:「今回の対戦は次の勝負に持ち込む」や「次の勝負...

    Christopher Coutinhoさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 87
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月01日 22時06分

    姫で王子を倒した時は、めちゃくちゃ気持ちいいです。その瞬間を味わいたいから何度もこのゲームを遊びたくなります。初めての対戦相手と遊ぶ時は緊張感があって楽しいですし、同じ相手と何度も対戦を重ねれば重ねるほど、読み合いが深くなり、それがまた楽しいです。小学5年生の子供との対戦で、3回連続初手で王子を姫で倒した時は爆笑しました。

    リョウさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 168
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月10日 05時26分

    お互いに同じ手札を持ち、その中から一枚を選んで勝負。先に四勝した方の勝利!というシンプルな二人専用ゲームです。基本は数字の大きい方の勝ちですが、各カードには特殊効果があります。一発逆転要素もあり、読み合いが楽しいゲームです。勝敗の早見表がついているのもありがたいです。加えて、箱が小さくて丈夫。カードをスリーブに入れても問題なく収納可能(それだけ内容物が少ないとも言えますが)。と、気軽に持ち運んで遊べるゲームとしてかなり優秀です。

    Kさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 112
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月14日 17時40分

    すごくシンプルなルールながら考え込んじゃうゲームです。戦略というよりは相手の心理を読むのに近く、どちらが相手をより理解しているのかが勝負の分かれ目です。2人用ですがインストもゲーム自体も数分で終わるので、他の重ゲーの気分転換にも他のメンバーを待ってる間にもピッタリです。大きさも小さいですしパッケージも可愛くて持っていて損のないゲームだと思います。追記) ゲームの前半は選択肢が多く心理ゲームに近いですが、後半は相手の残りカードから数手先を読み戦略を考える論理的要素もあります。心理要素と論理要素どちらも楽しめるゲームです。箱がしっかりしてるのでカバンに入れておいても中身が出てバラバラにならな...

    りーさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 162
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月02日 00時02分

    お互い0-7までの8枚の同じ手札があり1枚ずつ選んで順番に出し、先に4勝した方が勝ちとなる2人用ゲームです。場に出されたカードは基本的に数字が高い方が勝ちますが、カードにはそれぞれ効果があるため単純ではありません。また姫は数字が1と低く、ほとんどの確率で負けますが、数字が7で最強の王子には勝てるといった要素もあります。姫で王子に勝った場合はこれまでの勝敗に関係なくその時点でゲームの勝者となるため、最後までどうなるかわからず、とても真剣になれるゲームです。お互い持っているカードが同じであるため、相手の残りのカードを考え、次は何を出してくるかを真剣に考えます。仲のいい友人やカップルでゲームを...

    なゆさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 136
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月18日 22時03分

    0〜7までのカードをそれぞれ1枚ずつ持ち、順番に選んで出していくシンプルで短時間でできる2人用カードゲーム。それぞれのカードに違った特殊効果が書かれており、それがシンプルで分かりやすく(一度目を通せばすぐ分かる)かつ的確ですばらしいです。計16枚のカードでできるのでぜひ購入して持ち歩きたい!と思いました。ルールは簡単、プレイ時間も短く、テーブルスペースそれほど必要ではないので、ボードゲーマーでない友人とも出先ですぐプレイできそうだと思いました。1つ手元に持っておきたいです。

    163さんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 285
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月14日 23時02分

    とあるボドゲ会にて「遅刻した!あ、あなたも遅刻ですか?もう向こうでは卓が立っちゃってますし、あっちが終わるまでこれで遊びませんか?ルールは超簡単ですよ。(からのインスト)(からの完敗)」R-Rivalsを開けるときは、だいたいこんな感じのシチュエーションですね。カイジのEカード的な読み合いが手軽に体験できます。ラブレターを知っている人には、「ラブレターの作者がラブレターの前に作ったゲームですよ」と紹介すればちょっと興味を持ってもらえます。

    おっきーさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 220
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月11日 21時00分

    持ち運びやすく、2人で短時間に心理戦が出来る為、重宝している。カードの強さと効果のバランスがちょうど良く出来ている。最初に出す1枚は運の要素が強いが、1枚減るごとに勝ちやすいカードが変わり、相手との読み合いが楽しくなる。相手の思考が読めないとせ全然勝てないが、読めるとすごい勝てるようになる。

    フォントルロイさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 225
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月17日 13時50分

    「どっちが強いか4回殴り合って決めようぜ」「お・・・おう」という展開のカードdeじゃんけんをするゲーム。4回勝てば総合勝利。4回勝てなければドロー。どうせなら勝ちたい。3回勝ったのにドローなんて悔しい。毎回の対決結果はオープンにしておく。と、いう事は相手の残り手札もわかる。お互いに8枚しかないからね。「将軍出してきたから次はコレ出すだろな」「とりあえず道化出したろ。格ゲーでいうバックステップじゃ」などと熱くなる。8種類の手札にはそれぞれ能力がある。相手プレイヤーの性格・表情・酔いどれ具合を見る。よく見る。出すカードを決断。「せーのッッッ!」と出す。勝つ。負ける。4回繰り返して勝敗が決する...

    kinaxさんの「アールライバルズ」のレビュー
  • 388
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月12日 16時10分

    公式さんにも書かれていたとは思うのですが要は「数字ジャンケン」。2人のプレイヤーが色違いで、内容が全く同じカードを8枚持ちます。そこから同時に1枚出して数字の大きいほうが勝ち。4回勝てば勝利というだけのゲームです。(カードは使い捨てです)ただここで、カードごとの特殊能力が関係してきます(特殊能力もプレイヤー別の違いはありません)例えば....「次に出すカードの数値を"+2"した数値とする」「相手と数字を入れ替える(要は強いカードには勝ち、弱いカードには負ける)」「今回の場を流す」などです。その中でも肝となるのが姫カードです。姫の数字は1。一番弱いカードと言えます。ですがのその能力は「相手...

    しゅんさんの「アールライバルズ」のレビュー

リプレイ 1件

  • 56
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月14日 18時41分

     vs青 1ターン目Win!...4(大臣)青...1(姫)Lose......2point青...0point2ターン目Win!...5(魔術師)青...3(暗殺者)Lose... ...3point青...0point3ターン目Lose... ...2(密偵)青...7(王子)Win! ...3point青...1point4ターン目Draw ...1(姫) 青...0(道化)Draw...3point青...1point5ターン目Win! ...7(王子)青...2(密偵)Lose... ...5point青 ...1pointWinner... 

    かいやん三国志さんの「アールライバルズ」のリプレイ

戦略やコツ 2件

  • 652
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月20日 22時29分

    何度か芸能人ボードゲーム最強決定戦で観戦しただけですが、姫出しの勝利を狙うには、序盤では確率的に低すぎて、必然的に終盤になる。同じ理由で序盤に王子も出さないケースが多くなる気がする。2勝先取すれば優位に立てるので高い確率で勝利。コツとしては、序盤は低い数字で攻めるのが基本戦術

    特別純米酒2017さんの「アールライバルズ」の戦略やコツ
  • 728
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月13日 02時30分

    戦略というか、実戦で現れたコンボを2つほど。1.将軍の後の魔術師  将軍の能力は次のカードに+2、魔術師に+2すると強さ7で相手の能力無効のカードになるので、王子には引き分け、他のカード全てに勝利できる。2.3勝した後に密偵  先出し強要の能力で、相手とこちらの残りカード次第で勝ち確定に持っていける。

    camui00さんの「アールライバルズ」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 257
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月11日 18時50分

    0~7までの強さと個別の効果を持った8枚の同じカードを2人が持ち、1枚ずつ出し、勝負して先に4勝した側の勝ちというカードゲーム。基本的に数字が大きいカードの方が強いが、効果によって勝敗が覆る。カードの効果は以下の通り名前:強さ:効果王子:7:なし将軍:6:次に出すカードの強さ+2魔術師:5:相手のカードの効果を無効大臣:4:このカードで勝ったら2勝暗殺者:3:王子以外の数字の強弱が逆転する。密偵:2:相手は次のカードを先に出す姫:1:相手が王子なら、ゲーム自体に勝利する道化:0:勝負を次に持ち越す勝負が引き分けの場合、次の勝負で勝ったら2勝として扱う。これが基本ルールで他の遊び方も説明書...

    フォントルロイさんの「アールライバルズ」のルール/インスト

掲示板 2件

会員の新しい投稿