マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 3分~8分
  • 10歳~
  • 2011年~

アールライバルズしゅんさんのレビュー

401名 が参考
0名 がナイス
約4年前

公式さんにも書かれていたとは思うのですが要は「数字ジャンケン」。


2人のプレイヤーが色違いで、内容が全く同じカードを8枚持ちます。

そこから同時に1枚出して数字の大きいほうが勝ち。4回勝てば勝利というだけのゲームです。(カードは使い捨てです)

ただここで、カードごとの特殊能力が関係してきます(特殊能力もプレイヤー別の違いはありません)


例えば....「次に出すカードの数値を"+2"した数値とする」

「相手と数字を入れ替える(要は強いカードには勝ち、弱いカードには負ける)」

「今回の場を流す」

などです。


その中でも肝となるのが姫カードです。姫の数字は1。一番弱いカードと言えます。

ですがのその能力は「相手のカードが王子の時、即座にこのゲームに勝利する」です。


対して王子のカードの数値はゲーム内最大値。基本的にどんなカードにも勝てる存在です。

ただ、姫には絶対に当てることが出来ない。

さながら賭博黙示録カイジに登場した「Eカード」のように、姫が王子を刺すことで、どんなに追い込まれていても一発逆転が可能なのです。


最後の方になってくると本当にただのジャンケン(相手がこれを出したらこれを出せば勝てる....みたいな)になることも割とあるんですがそれを含めて楽しい作品だと思います。


シンプルで手軽に楽しめる心理戦のゲームとして、オススメいたします。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
勇者
しゅん
しゅん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 139興味あり
  • 766経験あり
  • 152お気に入り
  • 691持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力21
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ24
攻防・戦闘1
アート・外見7
作品データ
タイトルアールライバルズ
原題・英題表記R-Rivals
参加人数2人用(3分~8分)
対象年齢10歳から
発売時期2011年~
参考価格1,200円
クレジット
ゲームデザインカナイセイジ(Seiji Kanai)
アートワーク杉浦 のぼる(Noboru Sugiura)
関連企業/団体キュービスト
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿