• 2人用
  • 3分~8分
  • 10歳~
  • 2011年~

アールライバルズkinaxさんのレビュー

110
名に参考にされています
2017年02月17日 13時50分

「どっちが強いか4回殴り合って決めようぜ」

「お・・・おう」


という展開のカード de じゃんけんをするゲーム。


4回勝てば総合勝利。

4回勝てなければドロー。

どうせなら勝ちたい。3回勝ったのにドローなんて悔しい。


毎回の対決結果はオープンにしておく。

と、いう事は相手の残り手札もわかる。

お互いに8枚しかないからね。


「将軍出してきたから次はコレ出すだろな」

「とりあえず道化出したろ。格ゲーでいうバックステップじゃ」

などと熱くなる。


8種類の手札にはそれぞれ能力がある。

相手プレイヤーの性格・表情・酔いどれ具合を見る。

よく見る。

出すカードを決断。

「せーのッッッ!」と出す。

勝つ。

負ける。


4回繰り返して勝敗が決する。時計を見る。

始めてから5分しか経ってない。


「よしもう一回!やるぞ!」


を繰り返して夜中になる時間泥棒ゲームである。

kinaxさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 36興味あり
  • 196経験あり
  • 33お気に入り
  • 226持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ11
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルアールライバルズ
原題・英題表記R-Rivals
参加人数2人用(3分~8分)
対象年齢10歳から
発売時期2011年~
参考価格1,200円
クレジット
ゲームデザインカナイセイジ(Seiji Kanai)
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

アールライバルズのレビュー

  • 89
    名に参考にされています
    2017年06月11日 21時00分

    持ち運びやすく、2人で短時間に心理戦が出来る為、重宝している。カードの強さと効果のバランスがちょうど良く出来ている。最初に出す1枚は運の要素が強いが、1枚減るごとに勝ちやすいカードが変わり、相手との読み合いが楽しくなる。相手の思考が読めないとせ全然勝てないが、読めるとすごい勝てるようになる。

    フォントルロイさんのレビューを読む
  • 170
    名に参考にされています
    2017年02月12日 16時10分

    公式さんにも書かれていたとは思うのですが要は「数字ジャンケン」。2人のプレイヤーが色違いで、内容が全く同じカードを8枚持ちます。そこから同時に1枚出して数字の大きいほうが勝ち。4回勝てば勝利というだけのゲームです。(カードは使い捨てです)ただここで、カードごとの特殊能力が関係してきます(特殊能力もプレイヤー別の違いはありません)例えば....「次に出すカードの数値を"+2"した数値とする」「相手と数字を入れ替える(要は強いカードには勝ち、弱いカードには負ける)」「今回の場を流す」などです。その中でも肝となるのが姫カードです。姫の数字は1。一番弱いカードと言えます。ですがのその能力は「相手...

    ひなよぴさんのレビューを読む

会員の新しい投稿