マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~60分
  • 13歳~
  • 2012年~

ピー・アイPinoさんのレビュー

92
名に参考にされています
2016年10月17日 17時25分

 作者のマーティン・ワレスはルール量のある重いゲームが有名なので、軽いゲームが好きな者としては若干の躊躇がありましたが、一昔前のハードボイルドな探偵ものを彷彿とさせる美しいアートワーク(ボックスアート)に惹かれて購入。ややゴチャゴチャした盤面も(視認性が悪いと感じる人もあるだろうが)犯罪現場の喧噪を思わせて個人的には好き。

 ルール量もそれほど多くなく、ゲーム本体部分の推理方法は古典ゲーム「マスターマインド」のアレンジ版で、明快な論理により導き出されるためゲーム初心者であっても論理思考が好きな者であればすんなりと楽しむことが出来ます。かたや運の要素もそこそこあるので苦手な人にもチャンスがあります。

 本来は各プレイヤーの右隣の者が正解を握っていて、プレイヤーの調査に対する結果を示すのですが、慣れない者は間違えやすい上に秘匿情報なので訂正することもできないために迷宮入り事件が発生する危険大。状況によっては慣れた者がすべての事件を処理するゲームマスター的な役割をする方が良いかもしれません。

 戦略面ではルーチンワーク的で単調な面があり本格的な思考戦を望む者には物足りないかもしれませんが、そこそこ軽いプレイ感で私立探偵の世界観の中、運の影響に一喜一憂しつつも、だんだんと事件の真相が解明されていくのが楽しく、お気に入りのゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Pinoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 23興味あり
  • 76経験あり
  • 19お気に入り
  • 41持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルピー・アイ
原題・英題表記P.I.
参加人数2人~5人(45分~60分)
対象年齢13歳から
発売時期2012年~
参考価格6,480円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Pinoさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク