マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2016年~

命の砂時計-Limit 7 days-Pinoさんのレビュー

265
名に参考にされています
2016年12月11日 18時07分

 「病魔」という役を与えられて、罪のない少女の命を奪うことを目指すという悪趣味な目的を強いられる者がでてくるキワモノゲーム。これで楽しめって言われても僕には無理。テーマが邪魔でプレイに気持ちが入らない。

 テーマは重たいが、ゲームの基本システムは治癒チームと病魔のどちらが早くゴールできるかというすごろくレースゲーム。止まったカードによって使える特殊効果で味方を助けたり相手を邪魔したりできる。ダイスの出目以下だけ任意で進めるので、小さい目が出ると進めない上に選択肢無しというダイス運の悪い者を冷遇する仕様。病魔の凶悪な特殊効果にハラハラさせつつもダイス運次第の発動となっています(治癒側が様々な想定をして議論したあげく病魔のダイス目が1の際の病魔の無駄に待たされ感がスゴイ)。コースもランダムなので運要素過大。病魔の運次第で勝敗が分かれるようにバランスされていて、このテーマ・アートワークが苦手でなければそれなりにまとまっているので遊べると思いますが、目新しいものは感じませんでした。

 好きな人もあると思いますが、テーマ・アートワーク的にかなり人を選ぶゲームのように思います。個人的にはこのゲームに思い入れのある人とプレイするとその温度差がかなりの苦痛です。人に勧められたお涙頂戴物の少女漫画をすんなり楽しめるような人でなければ、本ゲームの内容とプレイヤーの体質とをよくご確認のうえアレルギー的反応に注意してプレイしてください。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Pinoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 67興味あり
  • 201経験あり
  • 23お気に入り
  • 129持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率11
戦略・判断力10
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトル命の砂時計-Limit 7 days-
原題・英題表記Inochi no Sunadokei
参加人数3人~5人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格1,700円
クレジット
ゲームデザインシキリト(Shikirito)
アートワークシキリト(Shikirito)
関連企業/団体リバーゲームズ(river games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Pinoさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク