マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~60分
  • 8歳~
  • 2008年~
327
名に参考にされています
2017年09月28日 00時08分

 カードゲームの「ロストシティ」をボードゲームにアレンジした「ケルト」。「ケルト」のゲームシステムを一部変更し、元になった「ロストシティ」のテーマを用いてボードゲームにしたゲーム。
 プレイ感はほぼほぼ「ケルト」、主な違いは「カードの並べ順が昇順だけになった」点。これにより出せるカードが限定される分だけ、「カードを捨てる、それを他の人が取る」といった場面が増えたように感じます。また序盤は大きい数字が邪魔で後半は小さい数字が邪魔となります。「ケルト」では降順もあるので後半小さい数字も価値を持っているのとは異なります。序盤大きい数のカードばかりだと不利で、それをやりくりするのも一興かと思いますが、この変更については是非があると思います。
 「ロストシティ」とはかなりプレイ感が異なります。「ロストシティ」ではカードの数がそのまま得点に影響しますが、「ロストシティボードゲーム」では数字の大小にかかわらず1歩進むだけです。つまり、大きい数字のカードは、「ロストシティボードゲーム」では後が出せなくなるので序盤では邪魔なだけですが、「ロストシティ」では大きい数が数枚あるだけである程度の得点が見込めるので得点倍率を上げる選択を助ける存在になります。また、終盤において「ロストシティボードゲーム」では大きい数字であっても1歩ですが、「ロストシティ」では4~7点ぐらいのカードを出せるのを待っていたために8~10点といったカードを出しそびれて終わることがあり1手の遅れが大ダメージになります。終了タイミングを計るシビアさも緩くなっている感じがします。あまり「ロストシティ」のプレイ感を期待しない方が良いと思います。
 「ケルトがあれば充分」という感じもしますが、無機質なテーマのケルトに対して遺跡の探検というテーマを持つ「ロストシティボードゲーム」の方が魅力的に感じたりもします。ドイツ年間ゲーム大賞受賞作のアレンジ版であり充分面白いゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Pinoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 55興味あり
  • 62経験あり
  • 10お気に入り
  • 33持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力6
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルロスト・シティ:ボードゲーム
原題・英題表記Lost Cities: The Board Game
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢8歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Pinoさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク