マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 60分前後
  • 10歳~
  • 1965年~

ニュークリアーウォー稲妻老人さんのルール/インスト

243
名に参考にされています
2017年06月03日 19時04分

【コンポーネント】

カード100枚

人口カード40枚

ダイス結果判定表1枚


【インスト】

人口カードを各プレイヤーに配ります。

配られた人口カードは裏向きに伏せておきます。

なお、配布するカード枚数は参加プレイヤー数により異なります。

1人あたりの人口カードの枚数(括弧内は参加人数)

 15(2)、10(3)、8(4)、7(5)、6(6)


余った人口カードは中央に置いておきます。


ニュークリアウォーカードを裏向きのままシャッフルします。

これを各プレイヤーに9枚づつ配ります。

残りのカードは中央に置いておきます。

以上で準備は終了です。


【ルール】

(1)スタートプレイヤーを決めます。

(2)スタートプレイヤーは手札にあるシークレットカード、トップシークレットカードを

   全て好きな順番でプレイします。

   これらカードは捨て札となります。

   プレイされたカードの枚数分を山札から補充します。

 (3)スタートプレイヤーから時計回りに手番が移動します。

    次のプレイヤーも同様にシークレットカード、トップシークレットカードを全て

    好きな順番でプレイします。

    プレイされたカードは捨て札となります。

    プレイされたカードの枚数分を山札から補充します。

    このプレイを、全てのプレイヤーが順番に行います。

 (4)手番がスタートプレイヤーに戻ってきてからは戦略を決定します。

    戦略は戦争と冷戦とに分けられます。

    いずれにしてもカードを手札から2枚伏せて自分の前に配置します。

    戦争をする場合:1枚目にキャリアー(爆撃機、ミサイル)を配置、2枚目に核を配置

             キャリアーにより、搭載出来る核の量が異なるので注意して下さい。

    冷戦をする場合:1枚目にプロパガンダを配置、2枚目もプロパガンダが良いと思います

             が、キャリアーでも核でも配置可能です。

(5)全てのプレイヤーが戦略を決定し終えたら手番はスタートプレイヤーに戻ります。

(6)手番プレイヤーは山札を1枚引きます。

   この時、シークレットカード、トップシークレットカードだった場合はただちにプレイして

   さらにカードを引いて下さい。

(7)引いたカードと伏せてある2枚のカード、状況を鑑みて、3枚目のカードを伏せて

   置いて下さい。

(8)自分の前の2枚伏せて置いてあるカードの内、1枚目のカードをオープンして下さい。

   もし、このカードがプロパガンダカードで、まだ戦争状態ではない時、他プレイヤーを

   指定して、カードの内容を実行して下さい。

   プレイされたカードは捨て札となります。

   なお、支払う人口カードがうまく払えない時には銀行で両替をして貰って下さい。

(9)オープンされたカードがキャリアーである場合は、そのままにしておきます。

(10)オープンされたカードが核の時には、キャリアーが既にオープンされている場合は

   攻撃が可能となります。

   ただし、キャリアーがオープンされていない状態で核がオープンされても、特に何も

   おきません。

   捨て札として下さい。

(11)手番を次のプレイヤーに移し、(6)の手順に戻って下さい。


勝利条件:戦争にせよ、冷戦にせよ、他国の全国民を全滅させれば勝利となります。


以下、留意点です。

核攻撃:適切なキャリアーに搭載させた核でのみ攻撃出来ます。

    攻撃したいプレイヤーを指定して、ダイスを2つ振り、ダイス判定結果表と照らし合わせて

    ダメージを決定して下さい。

    核攻撃を受けたプレイヤーは迎撃出来なかった場合には、決定された人口を失って下さい。


戦争状態:核攻撃がどこかで始まると戦争状態になります。

     戦争状態になった場合、プロパガンダは意味がなくなります。

     ただし、誰かが核で全滅した場合には一時的な平和が戻り、戦争状態ではなくなります。


最終報復:核攻撃で全国民が死滅してしまったプレイヤーは最終報復に出る事が出来ます。

     手札と伏せてある2枚のカードを好きなように組み合わせて、好きな相手に好きなだけ

     核攻撃を行う事が出来ます。

     ただし、この場合でもキャリアーと核の組み合わせは適正でなければなりません。

     仮にこの最終報復で全滅した国が出た場合、その国も最終報復が可能です!


最初の英語版の被害判定表は紙の上に針があって、それがクルクル回って結果を示すものでした。

日本語版はダイス結果表になっています。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
稲妻老人さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 35経験あり
  • 7お気に入り
  • 24持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルニュークリアーウォー
原題・英題表記Nuclear War
参加人数2人~6人(60分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1965年~
参考価格3,200円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿