マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 75分前後
  • 12歳~
  • 2016年~

ニューベッドフォード山本 右近さんのレビュー

140
名に参考にされています
2019年10月03日 04時10分

捕鯨ゲー。システムはワーカープレイスメントでワーカーは2体のみを使うため、ゲーム展開は意外と早い。

アクションは3種あり、初期から使える街アクション、新規に建てた建物を使う建物アクション、そして船の準備と出航で使う港アクションだ。街アクションと港アクションは何人でも使用できるが最初の1人だけ何らかのメリットを得ることができる。建物アクションは従来のワーカープレイスメントと同じく誰かが入るとそこにはもう入れない。

建物アクションの特徴として、誰がそれを建てようがアクションは誰でも使用できるが、使用する際にはオーナーに1金支払う必要があるというものがある。では資源節約のため誰かに建てさせるのが良いかというと、意外にこの1金がじわじわと効いてくるし、ゲーム終了時に勝利点を生む建物もある。

ゲーム序盤は捕鯨に出かけてもせっかく捕獲したクジラを勝利点に変えるためのお金が充分になく他のプレイヤーに横取りされる可能性があり、またある程度のお金を持っていないと誰かが強力な建物を建てた時にカバーできないため、ある程度の収入を確保する手段を構築するのが良さそうに思える。

捕鯨に出かけるタイミングも重要で、船の位置により鯨の獲得する順序が決まるため、それにより良い鯨が確保できるかどうかが変わってくる。

バランスの良い駆け引き重視型のゲームだが、いくつかの欠点もある。

建物がフルオープンの状態でスタートするためランダム要素が全くないことや、終盤にお金しか勝利点を稼ぐ手段が無くなり少しダレることが挙げられる。また、簡単ではあるが建物の効果が英語表記のため言語依存もある。

良い点はシンプルで可愛いコンポーネントと読みやすい説明書、コンパクトで持ち運びがしやすいこと。ゲーム内容も決して悪くはないし、価格も安い。最近流行りのソロプレイもサポートされている。

入手もしやすい割にゲーム会ではあまり見かけないので、目新しさを求めるには良いかもしれない。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ggjhhi
  • ぽっくり
山本 右近さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 31経験あり
  • 8お気に入り
  • 26持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルニューベッドフォード
原題・英題表記New Bedford
参加人数1人~4人(75分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格4,300円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

山本 右近さんの投稿

会員の新しい投稿