• 3人~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 1992年~

モダンアート星野屑彦さんのレビュー

124
名に参考にされています
投稿日:2017年05月18日 12時58分

画商になって、絵を売ったり買ったり競りをするゲームです。

競りの方法が何種類もあって、その時その時でベストな競りの方法を選ぶのが楽しいですが……このゲームは、買って儲ける事よりも、は上手い事売って儲けるゲームかなという気がします。

初心者は買ってしまいがちなので、買う事自体がどれだけ得なのかはよく考えてから金額言った方が良いかと思われます。

相場の読みが肝心なので「あー、前回1万の価値か、今回は場にいっぱいあって人気ありそうだなー……3万くらいならふっかけられるかなー?」みたいなゲームです。

ふっかけすぎると、自分で買い取りになるケースもありますのでご注意を!

リメイク版のスタンプスもコンポーネントの感じが良いのです(お店では見かけないけど……)

  • 116興味あり
  • 426経験あり
  • 132お気に入り
  • 373持ってる
販売中の商品
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力12
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ11
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルモダンアート
原題・英題表記Modern Art
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1992年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

モダンアートのレビュー

  • 109
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月18日 12時24分

    絵画オークションゲームです。このゲームでは買う側だけでなく、売る側の立場にも立ちます。『このくらいの値段で買えば、儲けが出るはずだ』『どんな値段なら相手が買いたくなるだろうか?』と色々想像しながらプレイします。金額を計算した理詰めプレイから、良い絵はどんどん買っちゃうぞーと楽しみながらのプレイまで出来る自由度の高さがステキなゲームです。

    続きを読む
  • 134
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月24日 21時56分

    2万5千ドル!さあ!他にないですか?いいですね!では貴方が落札です!ここは新進気鋭の作家達による美術品のオークション会場。うまくすれば未来の巨匠の作品を手に入れることができるかもしれませんが、手に入れた絵画が紙くず同然ということだってあるのです・・・。---モダンアート---ルールを覚えるのに必要な時間:10分1ゲームの時間:45分評価:☆☆☆☆☆ (☆5で満点)うーん面白いですモダンアート。1992年の作品とは思えないぐらい洗練された競りゲー。昨今の作品はわりとソロプレイ感が強い物が多いのですが、これは対人戦でしか味わえないゲームの妙味がぎっしりと詰まった名作です。基本的にはカードゲー...

    続きを読む
  • 146
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月15日 11時20分

     絵画の売買業者となり、5人の画家の絵画を競りに掛けて価値を高めて、購入・売却してお金を稼ぐ競りゲーム。 ラウンド毎(全4ラウンド)の市場で取引数が多い画家は価値が上がり(1~3位)、4位以下は無価値となる。2ラウンド以降は以前のラウンドの実績も加算されるため、後ラウンドほど取引金銭額もあがっていくのもゲーム展開を盛り上げる。  やることは「競り」だけですが5種類の競り方式が用意されており、また、お互いの思惑を探り合いながら、どのタイミングで自分の持ち絵画を出すか、どの画家の絵画に狙いをつけるかが悩ましいく、それぞれの画家の価値を操作・予想するのが楽しい。プレイするメンバーによって勝ち筋...

    続きを読む
  • 87
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月12日 09時53分

    オークションでお金を稼ぐゲームです。

    プレイヤーは絵画商となり、絵画を出品・落札を繰り返します。
    ゲームは全体を通して4ラウンド行われ、各ラウンドの終了時に、そのラウンドで落札された絵画の売却が行われます。
    4ラウンド終了後の売却が完了した時点で、最もお金を持っているプレイヤーが勝者となります。

    ゲーム中で取引される絵画の画家は5名おり、プレイヤーは5名の画家の絵画を売買します。
    ラウンドの終了時に画家の人気に応じて絵画は一定の価値が付加されます。
    その価格をベースに絵画は売却され、プレイヤーにお金が集め、増えた元手で次ラウンドのオークションの軍資金に充てるイメージと...

    続きを読む
  • 89
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月28日 20時09分

    非常に良く出来た競りゲームです。
    ルールも難しくは無いですし、まだ競りゲームをやった事が無い人はこ
    れから始めるのはいいかもしれません。
    絵画商になって絵の売買を行います。競りを行ううえで価格設定は
    重要な要素ではありますが、モダンアートの場合は、絵の価値の指針が明確である為、
    比較的価格設定が容易にできる事も初めての人にオススメできる理由です。
    また、このゲームでは、売買によって得する事はあっても、損をする事はありません。
    常に利益が出続けます。そこが初めてでも楽しめる要因になっているのではないでしょうか。

    続きを読む
  • 105
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月16日 23時42分

    画商になって五種類の絵画を売ったり買ったりし、利ざやを稼ぐゲームです。

    プレイヤーは順番にオークショナーを担当し、配られた絵画を競りにかけます。最も高い値をつけた人が絵画を落札し、収益はオークショナーに。落札した絵画は落札したプレイヤーが公開しておきます。オークションが終わったら手番は移り、次のプレイヤーがオークションを行う。基本はこの流れを繰り返していく感じです。

    いずれかの種類の絵画の五枚目が場に出たら、オークション開始前にラウンドが終了し、各絵画の価値が決まります。公開されている枚数が多い順で高値がつき、絵画を所有しているプレイヤーはついた値段で画を売り、これを4ラウン...

    続きを読む

星野屑彦さんのレビュー

会員の新しい投稿