マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2011年~

村の人生星野☆船長さんのレビュー

567名 が参考
2名 がナイス
約4年前

個人輸入2回目で、結構たくさん買った中の1つでした。

事前情報で言語依存がない事がわかっていたので、後は買ってみるだけだ!と、買ってみてからルールをせっせと調べたりしました。

で、どんなゲームかっていうと、村に住む一族になって、市場で買い物したり農具を作ったり我が子を旅に出したり妖しい教団に所属させてみたり死んだ一族をお墓に入れたりしながら点数を稼いでいくゲームです。

え?死んだ一族をお墓に入れる?

そうなんですよ、アグリコラで家族コマを増やして頑張ったりしますよね。手番が増えたと思いきや、一族は寿命とともに死んでしまうんです。

ただ死んでしまっても墓地に行って終わりです。何かの記録を残して死ねば村の記録に載ります。名誉です!

なんで、ゲーム中も「うわー、旅行進めたいけど死ぬね」「こいつはもう死んでもらって」などという物騒な感じになります(回避不可能)

しかし、太郎には太郎の思い出があって、次郎には次郎の思い出があるんです。

たまった点数を見ながら、ああ、三郎はあの時、変な教団に出入りしたんだっけ等と感慨にふける事が出来る、大変面白いゲームでした。

人数が「2~4人」というマジでボードゲーム楽しむ為に集まるぞ!みたいなコアな人数になっていますが、拡張も入れたら5人でもOK!

初心者が中級者名乗るにあたって、このくらいのゲームがちょうどいいんじゃないかなーという重量なので、遊ぶんだったら最初のゲームはずしっと2時間くらいは見込んでください。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
TamTakSpiele
きむにぃ
大賢者
星野☆船長
星野☆船長
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 526興味あり
  • 913経験あり
  • 206お気に入り
  • 707持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力28
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見16
作品データ
タイトル村の人生
原題・英題表記Village
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

星野☆船長さんの投稿

会員の新しい投稿