マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 2004年~

サンクトペテルブルク星野☆船長さんのレビュー

344
名に参考にされています
2017年04月27日 00時29分

第2版が出たので、初版の思い出を……

職人や貴族を仲間にしながら、建物を立てていって、どうするかっていうと得点が高い人の勝ち!という説明だけ聞いたら、それってよくあるボードゲームの設定だよねみたいなところなんです。

が、このサンクトペテルブルグのイケてるところは、建物を建てたとしても貴族の仲間が少なければ負けてしまうのです。

おいおい!あんなにいっぱい建てたのに、貴族が揃ったらとんでもない点数が出てるじゃないか!なんてこったい!

そして、ピョートル大帝が微妙な存在……天文台安すぎ!と初版だけあって、骨太というかドンブリというか、もしかしてこのカードが買えなかった=勝利不可能まであるんじゃないかっていう、アレなバランスです。

いや、バランス悪いってほどじゃないよ、大丈夫、みんなサンクトペテルブルグに行った事ないでしょ?だから、サンクトペテルブルグで遊んだって、優位はあんまりないと思われです。繰り返すと、いずれわかっちゃうんです。

ちなみにそのバランスは第2版では当然変わっているのと、初版の方だってその後に拡張セットが出ていてバランスはだいぶ整ってるんですよ。

まあ、拡張セットのカードの色合いが初期セットのとちょっと違うから、次のカードが拡張カードなのか否か、目で見てわかるけどな!

なんかディスった感たっぷりですが、このゲームむちゃんこ好きです。

2~4人まで(拡張入れれば5人まで)とガチバトルが勃発しやすい人数で、1時間ちょっとで終わるお手頃さ。

ボードゲームの沼に入っていくには、まさにうってつけレベルです。時間的にも、人数的にも、ルールも難しくないし。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
星野☆船長さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 109興味あり
  • 334経験あり
  • 53お気に入り
  • 177持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力6
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルサンクトペテルブルク
原題・英題表記Sankt Petersburg
参加人数2人~4人(45分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

星野☆船長さんの投稿

会員の新しい投稿