マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~120分
  • 12歳~
  • 2020年~

アルナックの失われし遺跡Hideさんのレビュー

224名 が参考
0名 がナイス
24日前

デッキを構築しながら、2個の考古学者のコマ(ワーカー)を使って探検をし宝物を確保したり、守護者とよばれる怪物を倒したりして、得点を集めるゲームです。

ワーカーはゲーム中増えることはなく、常に2個しかありません。しかし、コマを使わなくてできることが多く(研究、カードの購入、カードのプレイなど)ありますが、自分の手番では1つしかできませんので、ラウンドの中でどのような順番でアクションを実行するかは頭を使います。また、このメインアクションとは別に、回数の制限がないフリーアクションもありますが、コインや財宝などのリソースを受け取ることがほとんどです。

また、デッキを構築するカードですが、探検や発掘をするための移動力として使用、カードに記載してある効果の発動させる2つの方法があり、どちらかしか使用できません。また移動力の種類には「飛行機」、「船」、「車」、「ブーツ」があり、ワーカーを置くにはそのエリアに描かれているマークに対応する移動力を使います。なお、「飛行機」は全てのマークの代替ができますが、「船」、「車」は「ブーツ」の代替しかできませんので、カードを購入する際には、カードの効果だけでなく、カードに描かれている移動力のマークの種類も考える必要があると思います。

さらに、ワーカー以外のアクション(フリーアクションは除く)を行うには、コインなどのソースが必要になります。ラウンド中の手札は5枚なので、手持ちのソースの種類と個数が無いと、カードプレイやワーカー配置以外のアクションが思ったようにできませんので、デッキ構築ばかりに気をとられているとカードの効果以外のアクションができなくなるので気をつける必要があります。

最後に、このゲームは遺跡探検がテーマであるので、場所タイルをオープンにしていくということで、その探検の要素が含まれています。また、遺物カードを獲得することや守護神の出現によって冒険要素も表現されていると思います。ただ、ソロプレイ感が強いと思いましたが、ゲームが面白いのには変わりありません。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
Hide
Hide
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 226興味あり
  • 523経験あり
  • 217お気に入り
  • 387持ってる
プレイ感の評価
運・確率16
戦略・判断力26
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見20
作品データ
タイトルアルナックの失われし遺跡
原題・英題表記Lost Ruins of Arnak
参加人数1人~4人(30分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Hideさんの投稿

会員の新しい投稿