• 2人~5人
  • 20分~30分
  • 8歳~
  • 2017年~

ジャンドイッチかかりちょーさんのレビュー

128
名に参考にされています
2017年09月07日 09時34分

5人でプレイして1~2周するまでに「センキュー!」と上がっていって、サクサクプレイできたゲームです。3週もせずに上がるのは、「バイ!(買い)」というシステムがあってこそですかね。他者の捨てたカードでとんかつサンドが作れると嬉しくなります★

最終的には取材が2周済んだら1ゲーム終了となるのですが、麻雀を知らない人でも直ぐにあがれたりするのは良かったです

最初の手持ちのカードが既に揃いかけてる時は必死にポーカーフェイスです(笑)「BLTが来たらサンドの出来上がりだぜ…!」と意気込んで待っていると、いつの間にか他の人が上がるのもしょっちゅうですが(’~’)


「取材が来たぞ!具材やパンを揃えただけであがるの優先にするぜ!」という、実際にあったら取材泣かせな行動もとってしまうほど盛り上がりましたね。それでも取材し続けてくれるとは嬉しい限り(笑)

ちょっとした時間にも1プレイ楽しみたくなるゲームでした!動画があったので載せておきますね。

~以上、17/09/03プレイ時のレビューでした★




かかりちょーさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 30経験あり
  • 9お気に入り
  • 32持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルジャンドイッチ
原題・英題表記JANDWICH
参加人数2人~5人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザイン篠崎 高広(Takahiro Shinozaki)
アートワーク深蔵(fukazou)
関連企業/団体しのうじょう(SHINOJO)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ジャンドイッチのレビュー

  • 156
    名に参考にされています
    2017年08月25日 10時01分

    端的に説明すると、5人までで出来る超スピード麻雀です。麻雀が楽しめる方であれば、まず間違いなく面白いゲームです。6種類のパンと6種類の具材があり、5枚の手札と追加の1枚で3枚2組の役を作ります。大きく麻雀と異なる点は、鳴きの方法と、ジャンドイッチ固有役の「サンド」の存在です。同数字のパンカード2枚と同数字の具材カード1枚で役になります。サンドは配点も高いです。その為、具材よりもパンの需要の方が高めです。捨て牌…捨てるカードにご注意を。安全なパン(牌)として「アンパン」という迷言を残しました。気軽に出来るので麻雀好きの方は是非プレイしてみて下さい。

    yamutyaさんのレビューを読む

かかりちょーさんの投稿

会員の新しい投稿