マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 90分~110分
  • 12歳~
  • 2010年~

インカ帝国BG825さんのレビュー

136
名に参考にされています
2017年10月29日 23時22分

中央のエリアから道を繋がりながら領土を広げ、都市や要塞そして神殿を築きながら勝利点を得ていきます。しかし、その土地には抵抗するものがいるので労働力を消費して制圧しなければなりません。また、都市や要塞に道がつながっている全てのプレイヤーはラウンド決算で平等に勝利点を得ることができます。

このゲームでプレイを有利にあるいは不利にするための効果カードがあります。太陽フェーズで専用ボードに配置をするのですが、これが数ターン影響してしまうので慎重に考えなければなりません。有利なカードを自分のエリアに置くか、不利なカードを他のプレイヤーのところに置くのか、今置くべきかを考える必要があります。

かりに有利となるカードであっても、そのカードが効果的に使わえる状況になければ意味が無いからです。このカード効果をみながら作戦を変更したり、強行していくなど悩みを一段階深くしてくれる面白さがあります。

また、建築は誰でも行えて(建築時に勝利点)、建築物に道がつながっていたら全員得点(ラウンド決算時)なので、どうしても同じ領域に全プレイヤーが固まる状態になってしまいます。ボードの上部だけで勝負が展開して、下部はスカスカなんてことも。

この同じ場所に団子状態になる拍車をかけるのが効果カードの「道なき道における、すでのある道における」というものです。(名前は失念)そのため4人プレイヤー全員が同じ道で同じ都市に接続という状況になります。

プレイしていて気になったのは、得点差が開き始めると追いつくのが極めて難しい、という点です。みんなが同じ都市に接続を試みるので、みんな+4みたいな状況になります。道を埋め尽くして侵入を妨害しても効果カードでつながれてしまいます。

中盤までのゲーム展開で、ほぼ終盤まで状況が変わらないという感じでした。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
BG825さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 13経験あり
  • 0お気に入り
  • 13持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルインカ帝国
原題・英題表記Inca Empire
参加人数3人~4人(90分~110分)
対象年齢12歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

BG825さんの投稿

会員の新しい投稿