マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~5人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2008年~

シチリアの殖民BG825さんのレビュー

79
名に参考にされています
2017年11月19日 23時00分

未開の地シチリアを開拓するためにプレイヤーたちは、開拓をしていきます。
しかし、自由にアクションが取れるわけではありません。

プレイヤーが「議員に立候補」をして「開拓しよう」「植民しよう」とアクションを提案される必要があります。
立候補することは自由ですが、有権者となって投票することもできます。

有権者から投票されると、そのアクションは実行されます。提案した立候補プレイヤーは提案アクションを一番最初に行う権利か、投票数に応じたお金を受け取ります。
だれもが制限なく立候補できますが、もし誰も投票してくれないとターンだけを消費して何もできません。

つまりは、他のプレイヤーが喜ぶような提案をしなければならないということです。ずっと有権者ばかりやっていると自分の実行したいアクションがでてきませんし、アクション順が後回しになってしまうので注意が必要です。
また、誰が、どのアクションを提案したかはわからないようになっているので、特定の立候補プレイヤーのアクションだけ選ぶ、選ばない、ということができないようになっています。

アクションの順番は「入植」「建築」においてとても重要な順番となります。「入植」のときに家を建てるのですが、家を開拓エリア(材木のようなコマ)の近くに建設すると、開拓時に破壊されてしまう可能性があります。また建築においては早い購入のほうがコストが安いものがあるからです。

ゲームのスパイスとして特殊カードが有り、このカードでは「二重投票」という2つの提案に対して投票ができたり、「強制決議」で投票数ゼロでも実行できてしまうようなカードもあります。

自分が有利に進めたい時、他のプレイヤーにも有利になるように提案しなければならない。
その提案が「誰の提案かわからない」というのが、このゲームを面白くしています。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
BG825さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 7経験あり
  • 2お気に入り
  • 10持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルシチリアの殖民
原題・英題表記Colonization in Sicily
参加人数4人~5人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン川崎 晋(Susumu Kawasaki)
アートワーク未登録
関連企業/団体カワサキファクトリー(Kawasaki Factory)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

BG825さんの投稿

会員の新しい投稿