マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

プララーヤ:リバイズド・エディションPralaya: Revised Edition

Dominaの名作「プララーヤ」改訂版! 細かいルールが変更され、より遊びやすく!

 長らく絶版だった「プララーヤ」の改訂新版!
 なるべく多くのお宝を持って島から脱出しよう! 欲張って宝を沢山取り過ぎると、船に宝を積む前に、島と一緒におだぶつに……。
 美麗なアートワークはそのままに、フォントも大きくなって読みやすく、また人数によるカードの調整などのルールも加わり、より遊びやすく悩ましくなりました!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中
ゲームマーケット
2018秋
Pralaya revised edition

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

https://gamemarket.jp/game/107891
Pralaya revised edition
Pralaya revised editionの通販
あなたは無事に島から脱出し、後世に名を残す事が出来るでしょうか
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,750(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 76興味あり
  • 174経験あり
  • 62お気に入り
  • 224持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力8
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見11
作品データ
タイトルプララーヤ:リバイズド・エディション
原題・英題表記Pralaya: Revised Edition
参加人数2人~5人(15分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格2,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

  • 94
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月24日 11時54分

    二人プレイ時の感想を書きます。カードを並べて島に見立てた場から、勝利点を得られるカードを引いていくセットコレクションのゲームです。場のカードは無くなると補充されますが、たまに「海」カードが置かれます。こうして沈みゆく島を再現していて、プレイヤーは島が沈没する前になるべく多くの勝利点カードを得て、必ず脱出しなければなりません。カードは同じ種類を揃えれば揃えるほど高得点になるような効果を持つものばかりなので、なるべく粘って一枚でも多く取った場合、後半では大逆転もあり得るバランスになっています。しかし後半になるにつれ脱出にかかるコストは増え、取ってはいけないハズレカードも増えて来ます。非常に分...

    winterkoninkskeさんの「プララーヤ:リバイズド・エディション」のレビュー
  • 151
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月13日 22時46分

    遺物集め自体は結構場当たり的なプレイ感となるがチキンレースとの相性は悪くなく、あまり問題はない。獲得できる遺物は、得点するまでに時間がかかる物や取れば取るほど得点単価が高く変動する物、脱出への通貨となる物など様々で適度なジレンマがある。悪魔の契約というカードだけは得点効率が他の遺物カードとは比較にならないほど高く、一見するとバランスが悪いようにも思える。しかし1回の手番のみでは大量得点が出来ないようになっており、狙ったとしても相手から妨害されてなかなか得点ができず結果的にはバランスが取れていた。島の脱出は引き際を見極めるのが重要で、1手番間違えるだけで他のプレイヤーが続々と先に脱出してし...

    マツツさんの「プララーヤ:リバイズド・エディション」のレビュー
  • 167
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月17日 23時03分

    王国に最後の刻(とき)が迫るストーリーは王国(島)が沈没していくなか、何を島から持ち出し後世に残すかギリギリまで粘り自身も島からの脱出をはかるといったものです。島の沈没をテーマにしたボードゲームはアイランドなど多数存在しますが、そのテーマはアドベンチャーに重きを置いた爽快ものがほとんどです。しかしこのゲームには爽快感ではなく儚さがあり、差別化がはかられていると思います。ざっくりルール紹介・手番ごとに場に並べられた遺物カードを獲得し勝利点を稼ぎます。獲得し空きスペースとなった箇所には山札からカードを捲り配置します。山札は主に遺物カードと海カードで構成され、遺物カードが捲られた場合は問題あり...

    007さんの「プララーヤ:リバイズド・エディション」のレビュー
  • 283
    名に参考にされています
    投稿日:2019年10月27日 00時30分

    短い時間で終わるため、何回プレイしても疲れないゲームです。4人でのプレイを複数回、5人でのプレイを1度行いましたが、得点計算回りの説明ぐらいで、時間を掛けずにプレイできます。他プレイヤーが取得したカードを覚え、相手の得点が伸びないよう遺物の取得を行ったり、相手を意識した立ち回りも必要なのかなと思います

    ねこださんの「プララーヤ:リバイズド・エディション」のレビュー
  • 203
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月22日 02時21分

    取るかどうかを決めて取るだけなので、インストがとにかく短く済むのが長所です。長くしようと思えば背景まで含め長く精密にもできますが・・・最後の方になると船の値段が上がるので、脱出したくても船代の硬貨をひけず海の藻屑・・・とあることがあるのが良いところかな。

    碧海吟遊@シーランド王国伯爵さんの「プララーヤ:リバイズド・エディション」のレビュー
  • 1025
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月02日 23時33分

    旧版プララーヤ(旧版の拙レビューはこちら)との違いを列挙していきます。・文字が大きくなり、格段に見やすくなりました(頑張った!えらい!)・ドニ〔脱出用の船)の枚数が人数分だけ用意されるようになりました。また、船をゲットしたら即座に脱出となり、船を2度手に入れる必要は無くなりました。それに伴い、脱出のタイミングが計りにくくなりました。・悪魔の像が単独だと1枚2点となりました。それに伴い、悪魔の像と悪魔の契約の効果が大幅に変更になり、大変ピーキーなバランスになりました。相対的に他のカードの得点が美味しくなくなったような気が……。(具体的には、悪魔の像の価値が、悪魔の契約カードが1枚だと×-3...

    有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中さんの「プララーヤ:リバイズド・エディション」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿