マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 120分~180分
  • 14歳~
  • 2018年~

ヒストリー・オブ・ザ・ワールド:新版btail、青帝国、赤帝国、紫帝国のリプレイ日記(2019年1月12日)

437
名に読まれています
2019年02月08日 00時59分

プレイを通して出来上がる架空史が面白い本作。このリプレイでは年表風の表示を交えながら振り返ってみようと思います。

なお、このプレイ時に得点計算のための補助シートを自作して持ち込んだら「プレイ時間の短縮になった」と他のプレイヤーに喜んでもらえました。このリプレイも補助シートのデータをもとに書き起こしています。
このシートを改良した得点計算シートとプレイ記録シートをplay:gameさんにアップロードしていますので、興味のある方は是非お試しください。
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_filea.php?game_id=8564


●時代I (紀元前2500~紀元前450年)

イムホテップの舞台となったエジプト文明などの四大文明の発生から、ヘラスなどの舞台となったギリシア文明の成立まで。まだこのころはそんなに領土の大きな帝国は出てきません。

年代
帝国 /
プレイヤー
できごと
BC15c
~BC13c
エジプト文明

(筆者)
中東まで拡大し、ナイル下流と王家の谷にピラミッド(記念碑)を建立。アラビア半島のエジプト残党は7世紀のイスラム帝国建国まで残存。
ミノア文明
 
地中海経由でイベリア半島に飛び地を獲得。その資源でクレタ島にラビリンス(記念碑)を建立。
ヒッタイト帝国
 
手堅く中東で勢力を伸ばす。
インダス川流域にハラッパー文明が発生し、青帝国に加わる。7世紀にイスラム帝国に滅ぼされるまで存続。
BC5cギリシア文明
 
エジプト、ミノア、ヒッタイトの3帝国に連戦連勝して中東、北アフリカまで勢力を拡大。盟主はアテナイではなくスパルタだったに違いない。

今回は発生した帝国が地中海東側に集中したため、時代Iから激しい戦闘が発生。最後に出てきたギリシア文明で他プレイヤーの帝国を次々と打ち破っていった帝国がまずはトップに立ちますが、まだまだ団子の状態です。


●時代II (紀元前450~西暦300年)

このころになると、地域統一を成し遂げた大帝国が発生してきます。バトルラインのモチーフであるダレイオス(ダリウス)のアケネメス朝とアレクサンドロス(アレキサンダー)のマケドニアの戦いが中盤の山場。終盤にはアベ・カエサルなど数多くのゲームの舞台となったローマ帝国が、本ゲーム最大の戦力を持って登場します。

年代
帝国 /
プレイヤー
できごと
BC4c

スキタイ王国

(筆者)

現在のウクライナあたりから南欧、中東に侵入して建造物を破壊してまわる。
BC3c

カルタゴ
 

戦象の戦力をもって北はブリテン島から南はエジプト・王家の谷まで拡大。南北両端は20世紀まで生き抜く。
BC2c
~AD1c

ケルトの女王国
 

ブリテン島に目もくれず南進し、バルカン半島、中東まで拡大。ライン川流域の勢力は19世紀にナポレオン軍に滅ぼされるまで存続。
ユカタン半島にマヤ文明が発生し、紫帝国に加わる。19世紀にナポレオン軍に滅ぼされるまで存続。


 

黄河・長江流域は放置して西進し、東南アジアとインドを抑える。万里の長城を建設。

今回は残念ながらローマ帝国は発生せず。カルタゴで南北に大きく領土を伸ばした青帝国がトップに立ちます。しかも南端(エジプト南部)と北端(ブリテン島)のカルタゴ勢力は20世紀まで存続するという。

一方、ツォルキンでおなじみのマヤ文明が紫帝国の勢力として発生。一部のイベントカードでは、帝国カードほど広い領土を持たない王国を発生させて自分の領土にすることができます。南北アメリカや極東など、あまり他のプレイヤーが侵攻してこない地域に領土をゲットできれば、細く長い得点源になってくれます。


●時代III (西暦300~900年)

前半は、ローマ衰退の原因の一つにもなったゲルマン民族の大移動の時代。パンデミック:ローマの落日で蛮族として出てきたフンや東西ゴートなどの勢力が登場します。後半には唐帝国やイスラム帝国(アラビア帝国)などの、東西交流で栄えた大帝国も発生。

年代
帝国 /
プレイヤー
できごと
AD400ごろ東西ゴート王国
 
現在のオーストリア付近から南欧に侵入。カルタゴ残党、ムーア文化と合わせ、南欧の覇権を握る。
現在のモロッコやモーリタニアあたりにムーア文化が発生し、青帝国に加わる。ジブラルタル海峡経由でイベリアに侵攻し、ミノア文明残党を滅ぼす。
AD440ごろフン帝国
 
(筆者)
聖戦を発動し、「ヒャッハー邪教は消毒だー!」と万里の長城を越えて中国北部やインドの建造物を破壊してまわる。
AD540ごろ東ローマ帝国
 
南欧からゴート族をある程度押し返す。コンスタンティノープルを20世紀まで守り通す。
AD640ごろイスラム帝国
 
有史以来の最大戦力をもって東はインド全域から西はエジプト北部までを席捲。漢の残党と合わせ、赤帝国はユーラシア大陸南部全域にまたがる大帝国となる。

この時代でまず見せ場を作ったのは青帝国。カルタゴ残党、東西ゴート王国、ムーア文化を巧みに組み合わせて高得点地域の南ヨーロッパを独占し大量得点。他プレイヤーを一気に引き離します。

黄帝国(筆者)も負けじとフン帝国と聖戦のカードコンボを発動。
「都市や記念碑のある地域を蹂躙するたびに4点獲得」という鬼畜能力で一挙に16点をもぎ取ります(このゲームでは最終的に百数十点台で勝利を争うことになるので馬鹿にならない得点)。しかし帝国には追い付けず。

最後に赤帝国のイスラム帝国が、今回のプレイ中の最大戦力を引っ提げて登場。圧倒的兵力で周囲の勢力を一掃します。
↑時代III終了時の赤帝国の領土。広すぎる!

イスラム帝国で獲得した領土と時代IIで担当した漢帝国残党の領土がバッチリ噛み合っています。しかも抑えた地域はおおむね高得点。時代IIまで最下位に甘んじていた赤帝国ですが、まだ上位陣には届かないものの追い上げの基盤を築いた形に。


●時代IV (西暦900~1600年)

まずはオーディンの祝祭の舞台となったヴァイキングが出現。……帝国というよりは文化圏という感じですが。続いてモンゴル帝国やセルジューク朝などマルコポーロの旅路に縁のある帝国が発生。終盤はナヴェガドールコインブラといった作品で描かれた大航海時代に突入。外洋経由で遠方まで侵攻できる勢力が出てきます。

年代
帝国 /
プレイヤー
できごと
AD1063ごろセルジューク朝
 
カスピ海東岸から中東を無視して南進。暗殺教団も駆使してインドの覇権を握る。
ジンバブエ王国、喜望峰のあたりに発生し紫帝国に加わる。このまま20世紀まで侵略を受けず存続。
AD1360ごろ
 
フン族残党から中国北部を奪還、さらにユーラシア北方に逆侵攻(黄河・長江流域は相変わらず放置)。万里の長城も再建。ここまで帝国はインドを失うものの、ユーラシア大陸南方の大帝国を堅持。
AD15c
~ AD16c
メソアメリカ文明
 
中米のアステカ帝国と南米のインカ帝国として発生。アステカ帝国はマヤ文明を攻撃するも落とせず。
南インドにチョーラ王朝が発生し、青帝国に加わる。スマトラ島に移住し、20世紀まで生き抜く。
オスマン帝国

(筆者)
中東の統一に血道を上げるが果たせず。コンスタンティノープルに攻め込む余裕もなかった。

前の時代までトップを走っていた青帝国ですが、帝国カードのドラフトにより得点を稼ぎにくいメソアメリカ文明(インカ・アステカ)を担当させられます。さらにここまでで青帝国の領土はけっこう削られており一気に失速。紫帝国のマヤ文明の攻略にも失敗し、まさに泣きっ面に蜂という状態。

一方で赤帝国は明を担当し、ユーラシア大陸東方の基盤をより盤石なものに。この時代でも大量の得点を獲得し、1点差で青帝国をかわしてトップに躍り出ます。

そして筆者の黄帝国はオスマン帝国で中東の独占を目指すものの、ダイスの目が走らず失敗。最下位に沈みます。最初から素直にコンスタンティノープル攻めておけば良かった……。


●時代V (西暦1600~1912年)

いよいよ最終ターン。まずはガンジスの藩王の舞台となったムガル帝国が発生。そこからナポレオン率いるフランス帝国、ブラスシリーズで描かれた産業革命を経て強国となった大英帝国が出現して帝国主義の時代へ。そして第1次世界大戦直前、ディプロマシーの時代でゲームが終わります。

年代
帝国 /
プレイヤー
できごと
AD1600ごろムガル帝国
 
インドからセルジューク朝とチョーラ王朝の残党を駆逐し覇権を握る。赤帝国は中東を失うものの、インド以東のユーラシア大陸全域にわたる大帝国として20世紀を迎えることに。
AD1810ごろフランス帝国
 
(筆者)
欧州ではケルト残党がいるライン流域に侵攻したのみ。大西洋を横断して北米・南米に上陸し、インカ、アステカ、マヤを滅ぼす。北米・南米で覇権を握り、パリとサンフランシスコに凱旋門(記念碑)を建立。
AD1861ごろアメリカ合衆国
 
独立戦争によりフランス勢力を駆逐、北米全域を抑える。さらに大西洋を渡りフランス本土に逆侵攻、パリを陥落させる。後に北米本土を日本にとられるが、亡命政府がパリに存続。
AD1900ごろ大日本帝国
 
東郷平八郎率いる連合艦隊が無敵艦隊と化し、日本海方面には向かわず太平洋を横断。サンフランシスコを急襲し、そのままの勢いで北米全域の占拠を達成。

赤帝国がなんと時代Vで最速で発生するムガル帝国を担当。中東以外の前時代の大半の領土を持ち越したため、すさまじい得点をたたき出して他を引き離します。

他のプレイヤーは少しでも得点を稼ごうと、この時代の高得点地域である北アメリカに殺到。北アメリカの勢力図が次々と塗り替えられていきます。

そんな中で圧巻だったのは青帝国。まずは大日本帝国と無敵艦隊のカードコンボを発動します。
これにより西太平洋→東太平洋と経由し、パワーアップした状態でアメリカ大陸に上陸戦をしかけることが可能に。明治日本の連合艦隊による北米攻略戦という世にも珍しい光景が展開されました。


●最終結果

時代IIIからユーラシア大陸南方~東方で広大な領土を維持し続けた赤帝国がぶっちぎりの1位。筆者の黄帝国は最終ターンにナポレオンのフランス帝国で大暴れしたものの、時代IVのオスマン帝国での失速が響いて最下位でした……。


●振り返って

自身の黄帝国のプレイを振り返った時、最大の反省点は時代Vの帝国カードのドラフトで赤帝国に最速発生のムガル帝国を回してしまったことでしょう。

ドラフト一番手の私は領土拡大の欲に駆られてフランス帝国を引いてしまったのですが、ここはムガル帝国を引いて「こうやってトップ目を攻めるんだ!皆のもの続け!」とばかりに赤帝国の領土を削りにかかるべきでした。この時の反省をベースに「戦略やコツ」の帝国カードの選び方の記事を書いています。

しかし、やはりこのゲームのプレイを通じて作り上げられる架空の歴史には独自の味わいがあります。私のドラフトミスも、結果的には明治日本の北米進出という名場面を演出しましたし。歴史って本当に面白いですねっ。

勝敗プレイヤー名最終得点
btail107点
青帝国

勝ち
赤帝国149点
紫帝国

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 健部伸明

参加者 4人
2019年01月12日

ゲスト
青帝国
ゲスト
赤帝国
ゲスト
紫帝国
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 48経験あり
  • 9お気に入り
  • 50持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見1
作品データ
タイトルヒストリー・オブ・ザ・ワールド:新版
原題・英題表記History of the World: New Edition
参加人数3人~6人(120分~180分)
対象年齢14歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

btailさんの投稿

会員の新しい投稿