マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ブラスBrass

9/10

重ゲーの重鎮、ワレスの最高傑作とも呼ばれる一品。

まず、自分は重ゲーがそんなに好きではない。高いし、重いし、長いし、ルール覚えるのが面倒だし、それで個人的には面白さの満足度は差はあれど、重ゲーをやらなければ!と思うほどの感動はあまりない。だったら軽いゲームをやるといった感じだ。

なので、よほどの傑作と呼ばれない限り、重ゲーには手を出さないのだが、このゲームはプレイするべきだと言える。まさしく傑作。ワレスの重ゲーは初プレイで、他のゲームをしていなくても、ワレスは天才と思わせる衝撃がこのゲームにはあるし、これがワレスで一番好きという人が多いのも頷ける。

自分が好きでない(というか面白さがわからない)ゲームは、プエルトリコとかエルグランデとかだ。それらが好きでない自分でも、ブラスは好きと間違いなく言える。

それで理由をいくつか考えてみたが、大きく分けて2つだと感じた。

1つ目は、特殊能力が一切ないこと。

重ゲーといえば、特殊能力がとりあえず入っているものが多く、自分はこれを把握するのが正直しんどい。だったら重ゲーやるなよということになるのだが、なんと、ブラスには建物の特殊能力だとか、個人の特殊能力だとか、そういう面倒な類が一切ない。これは自分にとって大きいメリットで、美しさすら覚える。ここが一番大きいと思う。

2つ目は、シンプルなジレンマがあること。

ブラスは正直いって、簡単なゲームではない。だが、やっていることは自分の手番に8枚あるうちの2枚のカードを使って、何かをするだけだ。

だが、やることがパスも含めると6種類あって、建設する建物も5種類あるから、選択は難しい。しかし、1度覚えてしまえば、そんなにたくさんある中から2個しかできない強烈なジレンマを味わうことになる。ここがシビれる。

逆に弱点もある。

まず、初心者にはハードルが高いし、例外ルールがかなり多いため、経験者なしでやると、ほぼ確実にどこかルールを間違うだろう。だから、理想はこのゲームが大好きな人とやることだ。

また、このゲームはそのシンプルなルールの美しさゆえ、先を見通しづらく、やることは手番で2個とはいえ、初プレイは何をすればいいのかわからない。だからといって、適当なことをやると、あとから挽回するのは難しいので、そういう意味ではハードルが高い。

という感じで万人におすすめできるゲームではないのはたしかだが、重ゲーが大好きな人は絶対にやるべきタイトルだし、もし周りにブラスが大好きだ!という人がいるなら、参加してみるといいだろう。

ブラスは手札のカードで建物を配置できる場所が決まるため、あそこに建物をつくりたい!と思っても、手札がなければたてることができない。なので、手札の運がそこそこある。

そのため、経験者と初心者もそこそこ一緒にプレイできるところもいい。ちなみに自分がやったときは、自分が初プレイで、2回めが1人、10回以上が2人という感じだった。これはメンバーによるかもしれないが、他の重ゲーに比べて、ビギナーズラックはある方だと思う。この戦略と運のバランスが最高で、「運が高すぎる」とは全然思わない。

一応、アプリ版も存在し、これの完成度は高いのでこれから初めて見るのもいいだろう。CPもそこそこ強く、自分は一時期、こればかりやっていたので、一度壁を抜ければ、そこには最高の世界が待っているだろう。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:白州
マイボードゲーム登録者
  • 75興味あり
  • 77経験あり
  • 29お気に入り
  • 48持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力13
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルブラス
原題・英題表記Brass
参加人数3人~4人(120分~180分)
対象年齢13歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 197
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月10日 09時30分

    9/10重ゲーの重鎮、ワレスの最高傑作とも呼ばれる一品。まず、自分は重ゲーがそんなに好きではない。高いし、重いし、長いし、ルール覚えるのが面倒だし、それで個人的には面白さの満足度は差はあれど、重ゲーをやらなければ!と思うほどの感動はあまりない。だったら軽いゲームをやるといった感じだ。なので、よほどの傑作と呼ばれない限り、重ゲーには手を出さないのだが、このゲームはプレイするべきだと言える。まさしく傑作。ワレスの重ゲーは初プレイで、他のゲームをしていなくても、ワレスは天才と思わせる衝撃がこのゲームにはあるし、これがワレスで一番好きという人が多いのも頷ける。自分が好きでない(というか面白さがわ...

    白州さんのレビューを読む
  • 196
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月19日 02時29分

    ■ゲームの概要イギリスの産業革命をテーマにしたゲーム。プレイヤーはランカシャー地方で各種産業やインフラを建設して勝利点を得る。■特徴産業やインフラ(運河/鉄道)を建設できる場所は限られており、基本的には早い者勝ちの陣取りです。ですが、他のプレイヤーが建設した産業やインフラを利用できることもあり、自身の勝利を追及していたはずが結果的に敵に塩を送っていたなんてこともあります。そういう意味で、奥深いゲームです。また産業や産業が算出するリソース(綿布、石炭、鉄)に需要と供給の概念があり、プレイヤーのアクションによって相場が変化するため、他のプレイヤーが次に何をしようとしているのか、それを踏まえた...

    sawadaさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 373
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月29日 00時50分

    ■はじめにBrassの戦略というテーマで大上段に構えてみたものの、当方まだプレイ5回程度の新参者です。一応、いまのところ考えていることを投下しますが、今後プレイ回数を重ねていくにつれて考えが変わりうることを表明しておきます。■戦略の前提このゲームは経済ゲームですが、最終的に勝敗を決めるのは収入や所持金ではなく勝利点です。そして一番重要かつプレイヤーが足りないと感じるリソースはアクションの機会(すなわちカード)であると考えています。そのため、あるアクションを評価する指標としてアクション毎の勝利点(勝利点/アクション)を採用します。■勝利点の源泉勝利点の源泉(主戦力)となる産業及びインフラは...

    sawadaさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 2件

  • 155
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月11日 22時35分

    ブラス・インスト(上から読むだけでインストになります)■はじめにブラスは3~4人用のゲームです。ゲームボードは18世紀のランカシャーで,産業革命の時代を表しています。ブラスというのはお金のことです。■ゲームの準備〇各プレイヤーの準備1色を選んで,その色のタイルを全部手元に持ってください。ゲームボードの左下は収入/勝利点トラックになっています。ここの0ポンド(£0その上に10と書いてあります)のマスに自分の収入マーカー(木製ディスク)を1個置きます。勝利点マーカー(帽子の絵)2枚は手元に置いておきます。自分の産業タイルを産業ごと(紡績工場12枚:高い煙突がある,港8枚:錨,炭鉱7枚:トロッ...

    malts_yさんのルール/インストを読む
  • 480
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月19日 02時39分

    初心者向けかはわかりませんが、ルールから起こしたプレイサマリを投下します。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーBrassプレイサマリ①概要18世紀のランカシャーで産業革命を起こすゲーム。②終了条件と勝利点計算1.ゲームは運河の時代、鉄道の時代の2つに分かれており、それぞれ全員が手札を使い切ったターンで終了し、勝利点を計算する最終的な勝利点は運河の時代の勝利点+鉄道の時代の勝利点2.各時代の勝利点は産業タイルの勝利点+運河/鉄道タイルの勝利点3.産業タイルの勝利点はひ...

    sawadaさんのルール/インストを読む

掲示板 1件

  • sawadaさんの投稿
    紡績所戦略について

    戦略記事を書いた者です。あれから、オンライン4人戦で何戦か紡績所戦略を取ったのですが、運河の時代に港をLV2まで開発するのはほぼ不可能だということが分かったため、少し追記します。海外市場が枯れて...

    0件のコメント121ページビュー2年以上前

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク