マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

ハイテンション利休nouhuhoumeiさんのレビュー

158
名に参考にされています
2017年01月03日 21時51分

まず、この利休のイラストが卑怯である。人を馬鹿にしたような、それでいて味がある。

どんなゲームかというと、ちょっと変わったバッティングオークションである。

ターンごとに1から5等級の茶器を1つ献上し、一番価値の高い(1等級が強い)人が点数カードである山吹色の小判カードを貰う。
ただし、バッティングすると次の順位の人に条件が移る。

そしてここがミソなのだが、茶器の等級には利休のテンションが書いてある(等級が高いほどテンションが高い)。
テンションの数だけ、山吹色の小判カードを引いてトップの人が1枚選んで、隣に渡してカードがなくなるまで続ける。
そして、それを4回繰り返して、利休のテンションと山吹色の小判カードの数値の合計が一番近い(テンション以上でなければいけない)人が
勝者となる。

そして、いろいろ判定をしたが決着がつかない場合は
「ほかのゲームで決着をつけてください」

という、わびさびのある文言。非常に粋なゲームである。決着をつけるのがゲームであるということに対しての哲学的問いである。
僕は非常に気に入っています。これはぜひプレイしてほしい。
動画・生放送向きのゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
nouhuhoumeiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 66興味あり
  • 202経験あり
  • 20お気に入り
  • 141持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルハイテンション利休
原題・英題表記High Tension Rikyu
参加人数4人~6人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2015年~
参考価格1,600円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

nouhuhoumeiさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク