マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

砂漠を越えてThrough the Desert / Durch die Wueste

ラクダで長いキャラバンを作ろう!オアシスを目指す陣取りゲーム

砂漠は危険な場所であるけれど、巨万の富を生み出す場所でもあります。そんな砂漠地帯をキャラバンで冒険していきます。

このボードゲームは、ゲームボード上にある得点チップとオアシスの発見による得点を稼ぐ陣取りゲームです。5色のラクダと、その上にライダーが乗っているコマを使ってキャラバンを形成し、砂漠の陣取りを行っていきます。

まず、初期配置として、ライダーの乗っているラクダを順番に配置していきます。このとき、池の上やオアシスに隣接して置くことはできず、また同じ色のラクダ同士が隣接して置くようなこともできません。この初期配置が結構重要になります。初期配置が全て終わったらゲームを開始します。

プレーヤーは自分のターンに、好きな色のラクダを2つ取って自分のラクダに隣接するように置きます。このとき、自分のラクダに隣接するように置くことと、同じ色のラクダであることがルールとなります。また、他プレーヤーの同じ色のラクダと隣接して置くことはできません。これは、置いているラクダが誰のものかを明確にするため必須な条件となります。

ラクダを置いたところにある得点チップを獲得することができます。また、オアシスに隣接した場合も5点の得点チップが貰えます。
また、砂漠地帯を他の誰も入ってこられないように囲んでしまうのも点数となります。囲んだ範囲内にあるマスの分だけ得点チップを獲得することができます。また、その範囲内に得点チップやオアシスがあればその点数も獲得することができます。

こうしてラクダを置いていって、どれか5色のうち1色のラクダコマがストックから無くなったらゲーム終了となります。そのとき、色ごとに最長のキャラバンを作ったプレーヤーに10点ずつ入ります。5色あるので、合計50点が入ることになります。この点数と獲得した得点チップを合計して、一番点数を獲得したプレーヤーが勝利となります。

陣取りゲームが好きな人に向いていると思います。自分の陣地を確保する要素もあるので、囲碁が好きな人にも向いているかもしれません。ゲームもそこまで重くなく、気軽に遊べるゲームだと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
砂漠を越えて
砂漠を越えての通販
クニツィアの傑作ゲームが完全日本語版で発売!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,400(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 61興味あり
  • 193経験あり
  • 16お気に入り
  • 134持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル砂漠を越えて
原題・英題表記Through the Desert / Durch die Wueste
参加人数2人~5人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1998年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 194
    名に参考にされています
    投稿日:2019年04月17日 12時09分

    ラクダのキャラバン隊を繋げて、得点を奪い合う、アブストラクト系ゲームです。砂漠にラクダというだけで、ロマンあふれるし、砂漠を越えてというタイトルの響きもとても好き。一時期、夫婦二人でずっとプレイしていました。特殊カード等の逆転要素はなく、非常に硬派なので、合わない人には合わないかもしれませんが、砂漠のボードの上にラクダのキャラバンが連なるのを見るのは壮観です。

    チロシサンさんの「砂漠を越えて」のレビュー
  • 127
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月24日 15時05分

    原題の直訳はわからないのですが、日本人的には「お前ら砂漠越える気さらっさらねーだろ!」と突っ込みたくなります。箱庭的な砂漠の中をラクダの隊商がうねるうねる。ダメだこいつらはやくなんとかしないと。と、まあ見た目が結構コミカルではあるのですが、プレイ感は真逆の胃がチリチリするタイプのゲームです。ラクダのコマを繋いでいき、相手よりも有利に大きく陣地を作りオアシスを奪いより高得点を目指します。ただ、狭い砂漠の中を何十頭ものラクダが列をなしていくため、すぐに渋滞して競り合いになります。しかも歩みも遅いのでそれがまたイライラします。なんせ全てのラクダゴマ、座り込んでますからね。ムチでひっぱたきたくな...

    hickoryさんの「砂漠を越えて」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿