• 3人~7人
  • 20分~30分
  • 8歳~
  • 2004年~

ゲシェンクぽんこつスライムさんのレビュー

128
名に参考にされています
2017年10月20日 00時48分

マイナス点をいかに少なくするか、という取っつきやすくシンプルなカードゲームです。

山から数字の書いてあるカードを引き、そのまま引き取ると数字がそのままマイナス点ですが、連番で引き取ると連番のうち1番小さい数字のみがマイナス点になる、という所がポイントです。

なので、もし大きい数字のカードを引き取っても、そこから連番で小さい数字に繋がるカードを引き取るか持っていれば、大きなマイナス点にならずに済む訳です。

また、カードを引き取らないようにチップを出すことてパスも可能ですが、チップは有限な所が実に悩ましいところです。

初心者の方や始めの1本としてプレイされるのにはピッタリな軽さと遊び応えだと思いますよ!

ぽんこつスライムさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 65興味あり
  • 608経験あり
  • 160お気に入り
  • 456持ってる
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力17
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ14
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルゲシェンク
原題・英題表記Geschenkt / NO THANKS!
参加人数3人~7人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2004年~
参考価格1,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ゲシェンクのレビュー

  • 128
    名に参考にされています
    2017年09月18日 22時29分

    欲しくないけど、取らなきゃならない!という顔をしつつ、たくさんゲットできたチップが嬉しい? ちょっと変わった競りゲームです。▼ゲームの概要テーマはありません。カードとチップがたくさん入っています。カードには数字が3~35(36だっけ?)まで書いてあり、これらを規定枚数競ります。カードはすべてマイナス点で、受け取らないようにします。ただ、それだけではありません。連続する数字のカードを持っている場合は失点が抑えられます。連続した数字の「一番小さい数字」のみがマイナス点になるためです。競りは少し特殊です。各自チップを同数持ってスタートになります。最初にカードをめくり、「受け取る」か「チップを支...

    atcktさんのレビューを読む
  • 70
    名に参考にされています
    2017年08月13日 23時56分

    3〜35までのマイナスの点数カードを押し付けあって、マイナスが少ないプレイヤーの勝ちとなるゲームです。ただし、例えば27・28と数字が並んだカードを手に入れた場合は、27しかマイナスにならないというルールがあります。しかし、ゲーム開始前にカードを9枚抜くので、どのカードが並びになるのかは予測不可能なため、どのカードをもらうのかはかなりのジレンマが伴います。また、各プレイヤーに渡されるチップが11個あり、それも1個につき1点プラスしてくれるので、大切な存在です。しかも、山札からカードが1枚めくられた後、引き取らないようにするのに、チップを1枚必要とします。相手にはチップの数を見せないように...

    Nobuaki Katouさんのレビューを読む
  • 77
    名に参考にされています
    2017年08月10日 02時05分

    ルールは至極単純。時計回りに進んでいき、自分の番が来たら「表になっているカードと摘みあがったコインを取る」か「手元のコインを1枚場に出しパスする」のどちらかを行う。ただそれだけ。ただそれだけなのに非常にヒリヒリハラハラ感の高いチキンゲーム。カードは書かれている点数がマイナスとなるためなるべく取りたくない。けれどもパスするたびに手元のコインは減っていくので、ある程度コインが積みあがる、かつカードの数字が大きくないという絶妙のタイミングを見計らって取る、バランス力が試される。さらにこのゲームの肝となる連続した数字を取ると、一番小さな数字のみ点数となる(例えば25,26,27と取ればー25点の...

    kiteさんのレビューを読む
  • 78
    名に参考にされています
    2017年05月24日 00時42分

    ドイツ版はゲシェンク、他言語版にはノーメルシー、ノーサンキューというパッケージでもあるが、内容は全く同じだと思う。場札は全てマイナスだが、連続した番号を獲得していると、数字の最も小さいカードのみがマイナス点に適応されるという特性から、人によってはむしろ取りたいカードもあるというのがポイント。例えば、25と27を持っていればマイナス52点だが、26を取ればマイナス25点に回復する。しかし他の人は26なんて絶対にいらないから、26が欲しい人はいきなり取らずに他人からチップを奪ってから引き取る、といういやらしいプレイをする。しかしもちろん、ゲーム開始時に数枚抜いているので、いくら待っても出てこ...

    フクハナさんのレビューを読む
  • 39
    名に参考にされています
    2017年04月23日 22時35分

    いらないけれどパスをするにはチップが心許ないチップの少ないあいつにこのカードは押し付けようデメリットなしで引き取れるカードでチップを稼ごうそんなことを考えながらさくさく進むシンプルなゲーム====個人的な好きなゲーム5本指に入りますやることの簡単さ 得点計算のわかりやすさ(暗算が苦手な方は電卓推奨ですが足し算と引き算だけです)自分の手元に対する考慮と 他プレイヤーへの思考どれをとっても素晴らしいゲームだと思います====無理はしない というのがキーになるように思いますが無理をしたらそれはそれで報われる可能性もあるのである程度序盤でプレイの方向性を定めたほうがいいかもしれませんチキンレース...

    Trpn_Redakteurさんのレビューを読む
  • 57
    名に参考にされています
    2017年03月13日 10時39分

    おら、貢げよ。それとも俺の代わりに引き取ってくれるのか?いやぁ、人の足元を見るのは楽しいもんだねぇ。概要と勝利条件3〜35の失点カードを受け取るかパスするかの簡単なゲーム。ただしパスするにはチップが必要。失点の少ない人が勝利。ルール手番が来たら場にある1枚の失点カードを受け取るかパスするか選択する。パスする場合はチップを1枚失点カードの上に置く。失点カードを受け取る場合はその上に貯まったチップを全て貰える。点数計算受け取った失点カードの中に連番があるならば連番うち一番小さい数以外は0点になる。例)12.18.19.20の4枚の失点カードを持っているならば失点の対象    12.18失点の...

    カラフルさんのレビューを読む
  • 48
    名に参考にされています
    2017年03月06日 22時12分

    3-35までの数字をとるか?パスしてチップをおくか?。このチップは数字を一つ減らす効果がある。30の数字でもチップが15個あれば実際は15の数字をとったこととなる。また、連番数字は重ねることができるので、とった方がいい。 最後に数字が少ない人が勝つのだが、どの数字をどのくらいのチップがのっている時にとるのがいいのか?考えるのが面白い。また、手持ちのチップがなくなったらその時の数字を無条件にとらなくてはならない。

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 144
    名に参考にされています
    2016年10月04日 00時21分

    シンプルでいて奥深く、「うーん、名作ドイツゲー、さすが、スゴイ!」と唸らせられる作品です。3~35の数字の書かれたカードをランダムで9枚抜き、山札を作ります。山札から一枚引いて場にオープンし、手番プレイヤーはそのカードを引き取るかどうか判断します。引き取る場合は、そのカード分がマイナス点になります。取らない場合は、パスするためにチップを置かなければならないルールです。カードの上に溜まったチップは、引き取る際に一緒に貰えます。チップは1得点になります。なので、カードに溜まったチップ数を考慮しつつ、いつカードをパスしないで引き取るかを判断しなければなりません。チップが無くなると強制的にパスが...

    松尾直樹(なおぶ@AHC)さんのレビューを読む
  • 70
    名に参考にされています
    2016年08月24日 12時40分

    場のカードは全部いらないカードで、出来れば1枚も取らずに終わりたいところ。ただし、パスするにも権利があって、その権利は所持するコインの枚数分になり、みんながパスして場に累積したコインはカードをしぶしぶ引き取った人のものに。ここがキモ。
    いらない贈り物を押し付けあうというのがバックグラウンドストーリーなんですが、「ゲシェンク」という攻撃力の高そうな響き(意味を知らなかった)と、重い色あいのデザインに真っ赤なコインがなにやら不穏な雰囲気を漂わせてもいます。
    で、ファーストインプレッションでヤバいやり取りを命(コイン)を削った駆け引きで生き延びるストーリーが勝手に誕生してしまいまして、以降...

    hickoryさんのレビューを読む
  • 38
    名に参考にされています
    2016年04月19日 22時54分

    現在は「ゲシェンク」という名前で売られていますが
    昔は「NO MERCI」という名前で「ノーサンキュ」と
    いう名前で売られていました。

    3~35の数字の書かれたカードがあり
    シャッフルして中央に裏向きにして置きます。

    ひとり11枚のチップを配りスタートのプレイヤーは
    山札から1枚引きオープンにします。

    ゲームは数字を多く取ってしまった人が負けてしまうので
    オープンにしたカードが自分が手に入れたくない
    大きい数字だった場合はチップを乗せて次のプレイヤーに
    回します。次のプレイヤーもいらなければ
    チップを乗せて回します。引き取ってもよければ
    上に載せてある...

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんのレビューを読む
  • 25
    名に参考にされています
    2016年03月23日 17時46分

    ゲシェンク(Geschekt)とは、英語のGift、とくに贈られたモノと、面倒なことはしないという意味のドイツ語だそうです (笑)
    簡単に言うと、1-35のマイナス点の書かれたカードを隣のプレイヤーに押し付け合うゲーム。カードを引き取らないためにチップを払うのですが、もちろん有限。何枚払って逃げ切るか、次を考えて減点を引き受けるか、たったそれだけのゲームなのにアツい駆け引きが楽しめる技アリなゲームです。
    個人的には大人数でやるより、3人プレイがオススメ ^_^ とくにお酒の席での効果は絶大?!

    tommy_swayさんのレビューを読む
  • 41
    名に参考にされています
    2016年03月22日 18時30分

    インストは速攻で終了!初めてでも1回目から楽しめるジレンマゲームです。
    カードゲームのジレンマは多いですが、その中でもルールがシンプルながら
    楽しめるものはなかなか無いと思います。
    4人以上でやった方が楽しいと思うのでパーティーゲームとしておすすめします。

    panpkingさんのレビューを読む

ぽんこつスライムさんのレビュー

会員の新しい投稿