マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~11人
  • 45分~120分
  • 12歳~
  • 2017年~
856
名に参考にされています
2018年04月29日 20時40分

通常かロングナイトかの片方だけ持ってるとこのセットは単なる追加カード。

通常とロングナイトの2つを持っているとこのセットはコロニーウォーズとして真価を発揮する。

抗争モードでは裏切り者無し。人数が奇数の場合は1匹狼と言う第3勢力が追加。

砦フェイズに砦間抗争ステップが追加され各施設の職能者の人数、ダイス、駆け引きで争う。 抗争で勝てば相手の職能者に負傷を与えて殺せる。

またプレイヤー手番フェイズは2人が同時に動く。

先に動き切ったら砂時計をひっくり返す。

そしたら相手のプレイヤーはそこから2分しか行動出来ない。


今までは生き残る事に必死だったが探索の頻度が減り好戦的戦術的なゲームに変わる。

砦の使命として「相手の砦の士気を0にする」があるのはとても面白い。

抗争を仕掛けて相手を殺すのが重要なので陣取りや駆け引きが必要になった。

今までは探索のために砦から出払っていたが相手の侵入から守る為に砦にも人が数人は必要。

また武器、危機カードと日々の食料だけあれば良いので探索は最低限で大丈夫。


今まで影の薄かった影響力や武器カードに意味が出てくることは良い変化だと思う。

また今までと違いバリケードは相手の手助けにもなるのであえて張らない選択肢も出来た。


直接攻撃の手段は少なくうまく立ち回って相手の職能者を抗争でリンチするかゾンビの餌にして嵌め殺す事が重要。

1匹狼陣営は良くも悪くも他の勢力を荒らす。

その影響度合いは不明。


ハウスルール

職能者の移動を最初にやらない。

1.2人で自由行動(砂時計有り

2.職能者の移動ステップ

3.2人で再度自由行動(砂時計有り

間に移動を挟むことで2つの場所で役割を果たせる。

1つの場所に限定されると行動があまりストレスになった。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • koumei_nakano
  • まーく。
  • こしあん
カラフルさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 33興味あり
  • 29経験あり
  • 9お気に入り
  • 77持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘3
アート・外見2
作品データ
タイトルデッド・オブ・ウィンター:コロニーウォーズ
原題・英題表記Dead of Winter: Warring Colonies
参加人数4人~11人(45分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

カラフルさんの投稿

会員の新しい投稿