マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 20分~30分
  • 10歳~
  • 2003年~

コヨーテまつながさんの戦略やコツ

497
名に参考にされています
2016年02月29日 00時49分

スペシャルルールなしの状態で2人でプレイする場合を想定。

カードは合計34種類。
・大きめの数字(10*3, 15*2, 20*1):計4枚
・普通の数字(1~5が4枚ずつ):計20枚
・小さい数字(0*4, -5*2, -10):計7枚
・特殊系(*2, MAX→0, ?):計3枚

お互いが普通の数字であることが約35%で一番多いので、ここで勝っていかないといけない。
普通の数字に関しては、相手が変わったことをしてきたときや、残り枚数が少なくなってきて大きめの数字が出る確率があがってきたときに考慮するくらいでいいような。レアパターンを気にしすぎて普通の数字同士だったときに負けるのが一番もったいないので、20をひいたらその回は負けてもよいと思っておいたほうがいいように思う。

合計値ちょうどをコールすることが大事。
合計値ちょうどであれば、相手がコヨーテと言ってきたら自分勝ち、相手が数字をあげてきてもコヨーテと言えて自分勝ち。

たとえば最初、相手が4って言ってきたとき、自分の数字が3である可能性が高い。
3であれば、相手にとっては自分のカードが普通の数字であれば必ずいる数になるので。

たとえば途中ですでに1がなくなった場合、相手のカードが3で相手が3とコールした場合、自分のカードは1以外になるので、4はコールしないほうがよい。ぴったりの値になりえないので。

そういう勝ちパターンをいくつか持っておいて、ある程度の確率計算ができて経験を詰めれば、勝率はあがってくるかなあと。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
まつながさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 138興味あり
  • 992経験あり
  • 295お気に入り
  • 732持ってる
プレイ感の評価
運・確率11
戦略・判断力12
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ22
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルコヨーテ
原題・英題表記Coyote
参加人数3人~6人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2003年~
参考価格1,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

まつながさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク