マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~100人
  • 30分~45分
  • 10歳~
  • 2019年~
101
名に参考にされています
2020年01月16日 01時10分

地図作成の紙ペンゲームです。最近の中では特に好きです。地図作成ってだけでテンション上がりませんか? そうですか。たくさんある得点計算カードのうち、少しだけ使って繰り返し遊べるようになっています。


▼ゲームの概要

 各自シート1枚、鉛筆1本を受け取ります。

 シートにはマス目と山、古代遺跡が描かれていてマップになっています。下にコインがあります。一番下の枠はそれだけのラウンドやるんだよっていうまとまりです。


 さて、次に得点カードを4種類に分けて1枚ずつめくります。A~Dとなっています。

 ゲームは、春・夏・秋・冬の4ラウンド行います。

 各ラウンドでは対応した得点方法、例えば、AとBが春、BとCが夏といった感じで、進んでいきます。

 そして各ラウンドでは順次別のカードがめくられます。これらは地形が描かれていて、その地形を指示された形にマップに書く必要があります。

 たまに2択があって、そのどちらの形でもいいし、どちらの地形でも構わない、となっています。この時、たまにコインが書かれていたりもします。コインを選んだら、自分の手元のコインにチェックを入れます。


 こうして、めくられた地形カードの数字の合計が一定を超えたらラウンドが終了し、得点が入ります。各得点計算方法は2回ずつゲーム中、使われるようになっています。どの順番でどうか、しっかり見定める必要があります。


 このゲームの面白く、よくできているのが、地形カードに紛れている「悪魔」のカードです。

 これは他のカードと同様に埋めるマス目がかかれているのですが、なんとこれ、他のプレイヤーが勝手に書き込んでしまいます。時計回りに次のプレイヤーとか、前のプレイヤーとか。

 「てめぇ、何しやがる!」っていうのがそこらじゅうで沸き起こります。楽しいです。


 こうして、4ラウンド終了したらゲーム終了です。

 得点の最も高いプレイヤーが勝ちます。


 コイン? 毎ラウンド、その枚数分の得点が入ります。



▼プレイの感想

 最近遊んだゲームの中でも特に好みでした。こないだ、友人ズに「紙ペンゲームばっかり持ってくるね」と言われましたが、最近面白いのに紙ペンが多いだけなんです。マジで。

 これも面白かったですね。

 他のプレイヤーの得点を計算してあげるのですが、「あぁ、そんな得点方法が!」とか「あぁ、忘れてた!」とかうっかりが起こりやすいです。

 あと、「悪魔」を書くときの楽しさと言ったらありませんね。


 これ、もうちょっと流行っていいと思うんだなぁ。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • えだまめ
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 42経験あり
  • 11お気に入り
  • 24持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルカートグラファーズ:ア・ロール・プレイヤー・テール
原題・英題表記Cartographers: A Roll Player Tale
参加人数1人~100人(30分~45分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿