マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2000年~

カルカソンヌmoonwing-mothさんのレビュー

199
名に参考にされています
2018年11月09日 13時40分

タイル配置の傑作。あえて書くまでもないほどの大定番だが、個人的にはどうしてもこのゲームがぴんと来ない。確かによくできている。草原を巡る駆け引き、持ち駒数のマネジメント、大都市乗っ取りのスリル・・・ しかし、なぜか遊んでいてそんなに楽しくないのだ。よく言われる「二人でカルカソンヌをするとガチガチになって~」とか「カウンティングが~」以前の問題として、このゲームは微妙にノットフォーミーなのである。

考えてみたところ、どうも「未完成の道や街が放置されていく」ことが不安を呼ぶのではないだろうかという結論に至った。大都市の中心部にぽっかりと空いた埋まらない空白、どこにも繋がらないドーナツロード、画面外からしかアクセスできない教会、画面外と画面外をつなぐ小路・・・ すべてが不気味の谷の縁にある。ここはフランス南部ではなく、自分たちは永遠に完成する事のない欠けたディストピアを放浪しているのではないか。そんな浮遊感、実存的な不安のようなものがカルカソンヌにはある。

タイル配置そのものは好きだ(クワークルは抽象化されすぎているせいか大丈夫だ)。カルカソンヌにはアツい駆け引きもある。しかし、どうしても好きになれない。

都市も道もバグのように絵が切れ、ぷっつりとゲームは終わる。引き裂かれた不安は転がったまま、草原からいつまでも戻らない。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
moonwing-mothさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 282興味あり
  • 1897経験あり
  • 659お気に入り
  • 1480持ってる
プレイ感の評価
運・確率35
戦略・判断力53
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘12
アート・外見12
作品データ
タイトルカルカソンヌ
原題・英題表記Carcassonne
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2000年~
参考価格3,200円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

moonwing-mothさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク