マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

電力会社Funkenschlag

電力会社の経営に携わって、各都市に電力を供給しよう!

火力に風力、原子力などの発電施設を建てて、会社に利益をもたらすために奔走します。海外で各種ゲーム賞を獲得し、日本語版も発売された有名なボードゲームです。
マップが2種類用意されており、アメリカとドイツのどちらかを選択してゲームをスタートします。

プレーヤーはまず、発電所を建てるためにオークション形式の競売に参加します。発電所がなければ電力供給できないので、どの発電所を建てるか考えながら発電所を獲得します。
次に、資源の購入を行います。発電所で電気を供給するために必要な資源です。
その後、電力供給を行うネットワークを形成するために家を建設していきます。1軒目は自分の好きな都市に建設できますが、2軒目以降は既に建設した家と繋がるようにしなければならず、その都市間を繋げるための送電線にもお金がかかります。

次のフェイズで購入した資源を使って電力を供給し、その供給量に沿った収入を獲得します。供給量が増えれば増える程獲得できる収入の増加が少なくなるので、1人のプレーヤーが独走しづらくなっています。
最後に送電網の数が多い順番に手番が変更され、次のラウンドへと進みます。これを繰り返して、規定数の都市に送電網が建設されるとゲーム終了となります。最終的に発電供給量が一番多かったプレーヤーの勝利となります。

プレイ人数は多い方が楽しいボードゲームだと思います。ただ、その分プレイ時間も長くなるし、人数によって少々ルールも変わってくるのが難点です。そのため、ボードゲームの玄人たちに好まれるゲームだと思います。拡張セットもありますので、慣れてきたら購入を検討しても良いと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 88興味あり
  • 245経験あり
  • 57お気に入り
  • 167持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力9
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル電力会社
原題・英題表記Funkenschlag
参加人数2人~6人(120分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 205
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月17日 00時13分

    9/10緑大好き、タイトルにはFを入れるのがポリシーのF.フリーゼの出世作。オークションと陣取りと経営マネジメントが見事に融合したボードゲーム。人を選ぶが、経営系ゲームが好きな人であれば、外さないタイトルだろう。プレイ人数は、オークションと陣取り、資源のシステム上、最低4人はないと面白みは薄くなると思う。とにかくボードゲームの面白システムがてんこ盛りで、最初に発電所を競りで購入し、その後、その発電所を動かすために資源を購入して電気を生み出し、その電気を流してお金を得るために都市に家をつくっていかなければならない。1円単位でお金の管理が重要になってくる(1円足りなくてクソぉ!となることもザ...

    白州さんのレビューを読む
  • 92
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月05日 19時26分

    2人プレイのみの感想としては、プレイ時間の長さが最大の問題だと思う。ゲームの流れ自体は面白いが、ひたすら同じことを2時間近く行うと、辛さが上回ってしまう。新作の「電力会社カードゲーム」では、この辺りは改善されているようで気になっている。

    Yudeptanさんのレビューを読む
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月17日 18時11分

    このゲームのプレイ時間に比べると、実際のルールはシンプルと言えます。発電所の競りに少し時間はかかるものの、発電所を揃え・燃料を買い・電線を伸ばし・発電して設ける、というサイクルはテーマと噛み合って、複雑さを感じ難くなっています。また、お金の他には石炭・石油・ウラン・可燃ごみとリソースがあるものの、自身の持っている発電所で利用できないリソースは買えないことから、主に所持金を管理していくゲームとなります。また、重要なルールとしてプレイ順決めというものがあり、途中経過において優勢にあると、不利な立場に置かれてじわじわと損をしていきます。競りでは最初に値を付けなければならず、燃料の買い付けや電線...

    kaiwajushinさんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 94
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月12日 21時33分

    2017/07/16流山ボードゲーム会にてプレイ。フリーゼの重ゲー、噂には聞いていたのでインストしてもらいプレイ。オークションフェイズや発電所配置フェイズ次第でのちのちの手番順が決まってくるとか悩ましいつくりになっている。序盤の風力発電は弱い。

    kimino1pinさんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • coingさんの投稿
    この発電所カードについて教えてください

    ドイツ語版を使ってはじめて遊んだのですが、この手前にある落札価格10の赤い屋根の建物のイラストのカード、家のマーク+1は何ができるのでしょうか?ドイツ語読めなくてわからなかったので、とりあえずこ...

    0件のコメント41ページビュー27日前
    ルールについて

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク