マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2018年~

キャメルアップ(新版)maroさんのレビュー

432名
4名
0
2年以上前

基本的にダイスを使ったゲームはあまり好きではありません。


それに運の要素が強ければなおさらなのですが・・・


2014年といえば、

宝石の煌めき、コンセプト、ラブレター、コンコルディア、イスタンブール、

ロココの仕立て屋、ロシアンレイルロード、などなど

2020年の現在も全く色あせていない名作が目白押しの年。


その2014年のドイツ年間ゲーム対象受賞を制したのがこのキャメルアップでした。 


キャメルアップはダイス目の数だけ進むラクダの競争の結果を予想するもの。


レースの結果はダイス次第なのですが、各プレイヤーがダイスを1回振るたびに

予想する機会が与えられるため、確率的なことを考えながら、じりじりとした

かけひきを楽しむことができます。


そして、ピラミッドを使用したシステムにより、各色のラクダに対応するダイスの振られる

回数は均等となるため、ラクダのレースは大概接戦となります。


ダイスゲームであるため、ダイス目に一喜一憂することもありますが、冷静に現状を分析

することも求められます。それが実を結ぶかどうかは神のみぞ知る、ですが。


砂漠タイルの存在も非常によいアクセントとなっており、これによってかなり

神経をすり減らされることもしばしば。


私はこのゲームは家族としか遊んだことはありませんが、小学校低学年でもできるシンプルさ、

適度でちょうどだれニ

ないプレイ時間、プレイ人数の幅広さ(4-5人以上が良いと思いますが)、

などファミリーゲームとしてうってつけです。

その昔、マニラというやはりダイスを使用するギャンブル系のボードゲームがありましたが、

私の中ではこのキャメルアップとマ

ラはかなりプレイ感がにているように思えます。

内容的にはマニラのが少しシリアスですが、キャメルアップが楽しめるようであればマニラも

いいかもしれません。


2014年産の中量級ゲームでは宝石の煌めきが群を抜いてメジャーとなっていますが


キャメルアップに関しては、この手のゲームはもうそうそうでることもないと思われるので、興味ある方はぜひプレ

イしていただきたいです。



新版では、逆走ラクダ、動かないラクダが追加されています。

ランダム要素が増したようにも見えますが、逆走ラクダとタイルをうまく使用して場のコントロール

を図ることも可能になっています。

ピラミッドもプラスティックとなっており、強度が上がっています。

追加要素は使用しないことも可能なので、購入するのであれば新版がおすすめです。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
ミチヲ
山本 右近
BAC辰巳
きむにぃ
maro
maro
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 212興味あり
  • 512経験あり
  • 125お気に入り
  • 320持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

maroさんの投稿

会員の新しい投稿